好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

初めての愛の試練Week(同じ夢編)

椎名さんとロミジュリなやり取りをした連休明け…


あと数日で…


恐るべし…


怒涛の…


愛を試される


年末年始


がやってくる…



それは、私達にとっては


初めての愛の試練Week…



ロミオとジュリエット♡な私達が


初めての愛の試練Week


を経験したら…


すっかり元通り…



とか、まさかないでしょうね…(^-^;



そう、こんなことを気にするのは…


苦い経験があるから…



初めての婚外恋愛中に


長期休暇を経験した時…


休暇中にふと我に返るのか…


休暇明けに当時のお相手の


テンションの若干の低さを感じた私…



そう…


家族と過ごす時間が長く取れる長期休暇は


我に返る瞬間なのであ~る…



それを知っている私…



そもそも、婚外恋愛って…


大半が半年以内に終わる…


という統計もあるそうで…



半年は恋の魔法にかかった状態…


でも、その魔法は半年で解けるそう…



そう、我に返るのです…



確かに継続するにはかなりの労力が必要な恋愛…


家族といる時と彼彼女といる時の

スイッチ切り替え…


家族に知られない、そして私のように人によっては職場に知られない危機管理能力…


きっと、できる人とできない人がいるはず…


私の初めての相手は切り替えができない人だった…


そんな人とはやはり半年が限界…



初めての婚外恋愛のトラウマが

怒涛の会えない長期休暇


THE年末年始


が来るのを不安にさせる…



ロミオな椎名さんがロミオじゃなくなっているかも…


だって、年末年始だよ~(TT)


一年中で一番、家族と過ごす日でしょぉ…



あ~、私はジュリエットじゃなくなるかも~



そんな心配はいかなるか…



年末の残された日々は楽しいやり取りに終始した…


椎名さん「飲み過ぎ食べ過ぎです

うーんお正月もやばい

少し節制しないと浅川さんに嫌われる(T ^ T) 」



私「私も同じく、飲み過ぎ、食べ過ぎ…(;^_^A

まずいと思ってました~」


椎名さん「浅川さんはちょうどいいよ〜

今日はいっぱい見ちゃった♪ 」


私「私は実は、春から夏にかけて〇kg太ったんですよ~(⸝⸝› ‹⸝⸝)

みんなには内緒ね~。

だから、これからは、食え食え攻撃はやめてね~(◍⁃͈ᴗ•͈)

ちょこっとだけで満足だから。

しかも、ここ最近飲み会続きだったから、なんかちょっと太ったし…

さらに美容院でパーマあてたのがまだ落ち着かないから、恥ずかしいからあんまり見ないで~。(〃д〃)」


椎名さん「え

可愛いじゃん

明日もたっぷり見ます 」



私「明日は年末最後だから、私もお返しするかもですよっ!目が合っても笑わないでね~」


翌朝のメールのやり取り…


椎名さん「今日最終日だからチラチラ見ちゃおっと♪ 」


私「私もチラ見、今日はお返ししますからね~

|(´ฅω•ฅ`)チラッ」


そして、夜のメール


椎名さん「今日は相当チラ見しましたよ♪

気付いた?」


私「相当でしたね~

|ω・)ミテマスヨ

って、チラ見どこじゃないし。

恥ずかしい(⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)を通り越して、笑いそうだった~

ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

ま、最終日だったからね。」


なんて…


バカップル(笑)な会話をしている…



そして、怒涛の会えない長期休暇


初めての愛の試練Weekに突入…



覚悟していた私…


というか…年末は私がもっぱら忙しい…


なにせ、主婦はやることいっぱい…


バタバタしていた私…



大掃除してキレイさっぱりしたい~♡


あれもこれも作らなきゃだし、買い物もいかなきゃ…


そう、私にとって年末年始は一大イベント…


季節行事はしっかりやる派


そして、楽しむという私…



どうせ、椎名さんも家族サービスしてるに違いない…


って…


えっ!?



え~!?



夕方に、椎名さんからのメール着信…



「大掃除したよ。だけど、片付かない。


すでに充電切れ 」



え~!?



じ、じ、じゅうでん切れ~?



え~!?



早くない?(笑)



椎名さんって…


ロミオ~♡



私「偉い、偉い‼︎


私も、実は〇〇〇〇〇〇が超大変~(⸝⸝› ‹⸝⸝)


すでに充電切れかぁ~

昨日、いっぱい充電したのに~( •̤ᴗ•̤ )


椎名さん、かわいいですね~ (◍⁃͈ᴗ•͈)」


椎名さん「すごいね


〇〇好きなんだね


自分も〇〇好きだよ


〇〇を〇〇のが夢 」


私「へぇ〜、〇〇を〇〇のが夢なんだ~。


私もですよ~( •̤ᴗ•̤ )


叶うかわかんないけど…」



ひょんな話題から…


椎名さんの夢を知ることとなった…



それは、私と同じ夢だった…


椎名さんとの出会いって本当に偶然だとは

思えない…



この夢を知ってからというもの…


私は…


椎名さんと将来同じ夢を一緒に叶えられたらなぁ…


と思うようになる…


椎名さんと一緒に人生を歩めたらどんなに

楽しいか…



私はその夢のためにあることをしている…


椎名さんは私のそれにも以前からとても興味を示していた…


椎名さんの夢を知って


なるほどね…


と思った…



私達は、仕事以外にもこんな共通点がある…


だから、椎名さんといると話題がつきない



椎名さんと同じ夢を追いかけたいな…


そんな思いがこの日から始まった…

忘れられない人…

椎名さんとの初めてのKissを経験してから…


想いはさらに熱く燃えていくのを感じた…


椎名さんがこんなに情熱的な人だとも


知らなかった…


普段、あんなに温厚な椎名さんがこんなに


感情を露わにするなんて…



ここ最近の椎名さんの情熱的な行動を見る限り


とてもロマンチストな人に見えるかもしれません…


けれど、彼はとても堅実な人です…


地に足がついている人…


だから、たくさんのものを持っている…


私はその人間性も尊敬している…


見栄を張らない…


飾らない人…


とても、こんな行動をとるなんて想像できません…


だからこそ、私はそのギャップに戸惑い


そして、私の前では感情をむき出しにして


向き合ってくれる彼に段々と


惹かれてどうしようもなくなりました…



椎名さんの秘められた情熱的な愛情…


私はその虜になっていく…




あの電車でのせつないお別れ…


椎名さんが熱い眼差しで抱きしめてくれた夜…



実は私はある一人の男性を思い出しながら


帰路についた…



それは…


私の忘れられない人…


だった…



椎名さんが私を抱きしめてくれた時…


昔、同じことをされたことが私の脳裏に蘇った…



私の青春だった人…



私の恋愛全てが彼が初めての人だった…



初めて愛というものを教えてくれた人だった…



情熱的な愛情だった…



その人との日々は…


キラキラしていて…


毎日が愛情に包まれていた…




その人は私を大好きだ、大好きだと


たくさん愛情表現してくれた…



可愛くて仕方ない


といった愛をたくさん見せてくれた…



私と付き合うために、当時いた彼女と

お別れしてきてくれた…



そして、誕生日に指輪をプレゼントされた…



幸せだった…



結婚したい…



そう言ってくれた…



家族にまで紹介してくれた…



私は途端に私の人生全てが決められてしまったような気がした…



まだ若かった私はその彼の大きすぎる愛情が恐くなった…



結婚…


なんてまだ考えられない…



まだ彼は私をそんなに知らないのに…



彼の愛情を試したくもなった…



そんな時に、別の人から告白された…


私は何を思ったか…


告白された人のひたむきさに


心が傾いてしまった…


でも、これも同情だったのだと今は思う…



好きな人ができた…


そう打ち明けた…


その彼に泣かれてしまった…



でも、もう心移りしたものは戻せない…



お別れした…



その後、告白してきたそのひたむきな人と


お付き合いした…



長くは続かなかった…


最後までも進まなかった…



私はとても後悔した…



あんなに愛してくれた人を傷つけたことを…



そして、あんなに愛されてキラキラした日々は


その彼とだったから…



と気付いた…



後悔先に立たず…



本当にそう…


愚かだった…



もう一度やり直したい…



その彼を呼び出した…



来てくれた…



でも、一度あんなことを経験したら



もう信用できないと言われてしまった…



だから、やり直せないと…



この彼も、女子から抱いてと寄ってくるような

超イケメンだった…



私と付き合っている時も、彼が当時通学していた学校に、彼にちょっかいをかけてきていた女の子がいた…


私とのことをいつも冷やかされていると…


すでにその女の子と付き合っていた…



私にはそんな忘れられない人がいる…


若気の至り…


まさにそう…



電車の中で、椎名さんに抱きしめられた時に


その忘れられない人を一瞬思い出した…



あんなに愛を伝えてくれた私の青春の人…



とても刹那的な恋だった…


二人だけのために世界はあると思えた…


他には何も見えていなかった…


一生分のキラキラした思い出が詰まってる…




お互い全身で恋愛をしていた…


ひたむきに情熱的に愛してくれた…


あんな恋はもう二度とできない…



あんなに情熱的に愛してくれる人なんてもう現れない…



そう思っていた…



のに…



椎名さんに情熱的に抱きしめられた時…



椎名さんが、彼の再来に見えた…



現れた…



ずっと待っていた人…



あんなに大好きだった人の愛を試すかのように傷つけたこと…



もしできるならもう一度…


あの恋のやり直しを…


そして、次は絶対に失敗しない…


愛も試さない…


愛を恐がらずに真摯に向き合うんだ…


椎名さんの情熱にきちんと応えたい…


そう思いながら帰路を一人歩いた…




そして、不思議なことがある…


偶然と呼ぶにはあまりにもよくできている…




椎名さんと


私の忘れられない人とには


共通点がある…



椎名さんの下の名前、「徹」は


私の忘れられない人と同じ名前…


漢字も全く一緒…



そして…



この時はまだ知らなかったけれど…



椎名さんのお誕生日は…



私の忘れられない人の1日違い…



後から知った時には


不思議なご縁を感じずにはいられませんでした…



誕生日を知った時には、あまりに驚いて椎名さんに言いそうになったけれど、昔の彼話を話すようで気がひけて話していません…



椎名さんとの出会いは…


そもそも、不思議な引力で引き寄せられたかのような事情がある…


出会うべくして出会ったのかもしれない…


そんな気すらしています…



ずっと、私が反省してた恋…


生きている間にもう一度…


神様が叶えてくれたのかもしれない…


だから、次は絶対に失敗しない




私の忘れられない人は今どうしているかな?


遠く離れた地で幸せに暮らしていてくれればいい…



そして、私の忘れられない人は…


椎名さんの登場によって


ようやく…


忘れられなかった人


になりそうです…

ロミオとジュリエット

椎名さんとの辛かった電車のホームでのお別れシーン…


永遠に会えないかの辛さ…


振り返ると…


完全に…


ロミオとジュリエット♡



この日から私は♡マークを使いだしてる…


椎名さんもLOVEなチュッ♡の絵文字初登場…



でも、職場が一緒な私達は


翌日にまた職場で会えたという…(笑)



今、メールを読み返してる私は…


あら?そうだったかしら…?です…(^-^;



この辺りから私達のやり取りはなんとも…


ロミオとジュリエット♡…


昨日会ったのに、椎名さんからの夜のメールには…


「今日もすでにこの時点でチラ見充電切れ

(T ^ T)


今度はいつ会えるかな 」


椎名さんかわいい♡


そして、もうすぐ怒涛の

初めて愛を試される

会えないWeekの

年末年始がやってくる…


だから、椎名さんとそれまでに会いたい…


これが、二人のスケジュール調整が

なかなかうまくいかない…


そうっ、椎名さんは人気者…


この時期はもちろん、各方面からお誘いがかかる…


仕事の関係のお付き合いだから行かない訳にもいかない…


仕事は人脈。だから、行ってきてほしい私…


椎名さんからは…


「顔出さないといけなくて…(T ^ T)


浅川さんの方がモテモテじゃない。


大変でしょう。 しつこいのを ふりはらってんじゃない?


ストーカーとか気を付けてね。」


と私を気遣ったメールが届く…



そして、一年中でカップルが一番盛り上がる時期を迎えた…


連休だった…


私「今日は椎名さんと歩いたところに来てるよ。

椎名さんと歩いたとこが窓から見えちゃって、思い出しちゃって…

困る…(⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)」


ここは私がよく来ているところ…


そこをこの間、椎名さんと二人きりで歩いた…


私のテリトリーが椎名さんとの思い出に染まっていく…


椎名さんと歩いた風景が蘇ってボーッとする私…


椎名さん、カッコよかったな♡


とうとう、椎名さんとKissもしちゃったんだ、私…


なんだか…


夢みたい…


フワッと宙をさまようような感覚…


夢心地だった…



Kissをしたのもこの街…


椎名さんが私を抱きしめてくれた…


身体がほてるような感覚に包まれた…



椎名さんからまた


「充電切れ 」


とメールがくる…


とうとう私も…


私「私もすっかり充電切れちゃいました…。

困ったな。

( ˶ ̇ ̵ ̇˶ ) 」


連休で会えない二人はすっかり…


ロミオとジュリエット♡


そして、この日は…クリスマス♡


こんな急展開するとは思わなかったから

特に何も約束していない…


自由恋愛なら…


きっと椎名さんとLOVE♡LOVE♡


だっただろうなぁ…


でも、今の私は大満足…


椎名さんが私にKissしてくれた…


今の私には、それが椎名さんからの


クリスマスプレゼント♡


充分過ぎるくらい満たされていた…


来年また椎名さんと過ごせるかなぁ…?


なら、またLOVE♡LOVE♡で過ごせるといいなぁ…


なんて、考えながら…


そして、椎名さんにクリスマスカードの

メールを送った♡


喜ぶ椎名さん。


椎名さんからも、クリスマスのメールが

届いた…


椎名さんとの初めてのクリスマスは…


ロミオとジュリエットのクリスマス◌*ᔦᔧ॰ॱ


だった…☆*::*:☆☆:*::*☆