好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

久しぶりのデートはフルコース♥️4

今日もLOVELOVE♥️記事です♪


苦手な方は見ないでねっ(^-^/\ ~♡


私も実はちょっぴり恥ずかしい💦
オネガイシマス┏(I:)ペコッ



♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*



私が椎名さんに何度となく果てさせられて
グッたりしているところへ…


椎名さんがちょっぴりおねだりするように
近づいてきた…♥️


カワイイ💕✨


もちろん、椎名さんには
いくらでも気持ち良くなってほしいから…


微笑みながら…
椎名さんを今度は愛した♥️


久しぶりだったこともあって…
実はネットで研究していた私…


実はこういう記事が苦手だったから…
こういう記事を読まなかった私…


だから、未だにその呼称すら…
どこなのかわからなくて…
椎名さんとのおデート♡前にお勉強してみた…


椎名さんに気持ち良くなってほしくて…
そんな記事を読んでいた…


椎名さんに今日は
たっぷり気持ち良くなってもらおうと思ってのことだった…


試してみた…


気持ち良さそうな椎名さん💕



だけど…


いつも…


★「疲れるからもういいよ♪」


と満足した様子で…


優しく早々に切り上げさせられる…


今回もそうだった💦



私は椎名さんならたくさん愛したいのだけど…


いつも私ばかり愛してもらってるから…


お返しがしたい💕


っていつも思うのだけど…



そして…


ようやく椎名さんが私に入ってきた…



私達は一つになった…



♡「エッチな音がする…」(⑅•͈ᴗ•͈).:*♡


★「まだ濡れてるからだよ…」



見つめ合いながら…


二人してニッコリ微笑んだ…



椎名さんが…



★「締まってて気持ちいい…♥️」



そう言いながら…


奥まで入ってきた…



椎名さんで私の中が埋め尽くされていく感触は…


快感で…


その快感が私の身体を支配する…



その場所にはおそらく快感を感じる


無数の神経が通っているのだろう…



お互いの秘められた場所が


奥までどんどん密着していく時も…


私はすごく感じてしまう…



椎名さんが進入してくる度に…


ゾクゾクする快感に襲われる…



椎名さん自身が全て入りきって…


二人の全てが密着した…



奥まで到着すると…


今度は…


奥を突かれる感覚が快感になっていく…



完全に一つになって…


椎名さんに突かれる度に…


快感が身体中を駆け巡る…



快感が何度も何度も全身に押し寄せる…



と同時に椎名さんのセクシーな腰つきが…


官能的過ぎて…


その光景に身も心も高揚していく…




椎名さんが動きを止めないで…


私に覆いかぶさって…


私の胸の先端を舌で愛撫する…


片方の胸の先を指で刺激している椎名さん…




椎名さんに愛されているところを見たくて…


目を開くと…


椎名さんの舌の動きが見えた…


その姿にさらに私は高揚した…



いろんな快感に襲われて…


記憶が飛んでった…



しばらく頭の中が快感で埋め尽くされて…


何も考えることができなくて…


目を閉じてその快感に身を委ねた…



ユラユラ波のように…


次から次へと襲われる快感で…


恍惚とした…




LOVELOVE♥️記事はも少し続きます…
今日はこの辺で…♪



今日もブログ訪問ありがとうございます♪

久しぶりのデートはフルコース♥️3

今日はLOVELOVE♥️記事です…


苦手な方は見ないでねっ(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ



♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*



椎名さんが私を強く抱き締めた手を緩めて


私を少し押し返すように


両肩を持ち直して私を見つめた…



私は背の高い椎名さんを見上げる…




椎名さんを見上げると…



椎名さんが近づいてきて…



私に優しいキスをした…




私の大好きな💕


いつものシチュエーションだった…



またこんな幸せな時間が訪れた…✨



その幸せに酔いしれる私…



椎名さんに真剣な眼差しで見つめられて…


その場に立ちつくす…




椎名さんが私の上の服を脱がせ…


ブラのホックを外すとそのまま床へ落とした…




今日の椎名さんは待ちきれない様子…


床へ落とすなんて…


いつもはすぐにはしないもの…



胸が露になって…


ちょっぴり恥ずかしいから…



椎名さんの眼差しを遮るように…



♡「…シャワー…浴びてないよ…」



私がそう言うと…



★「いいよ…」



やっぱり待ちきれない様子の椎名さんが



そう言った…




優しく私をベッドに押し倒して…



そのまま椎名さんが私の上に覆いかぶさった…



椎名さんと一つに重なった…




椎名さんの肌が私の肌に触れる…



温かい…




久しぶりだけど…



そんな感じがしない…




私の身体が椎名さんをちゃんと覚えている…



椎名さんの温もりに安らぎを覚えた…




椎名さんの唇が私の胸に触れて…



優しい愛撫が始まった…




椎名さんを全身で受け止める…



椎名さんに触れられている幸せを感じる…



椎名さんとの至福の時間の始まりが…



私を陶酔させた…




椎名さんの舌と指が…



私を優しく刺激する…




私の身体が椎名さんに敏感に反応して…



吐息が漏れる…




久しぶりの椎名さんの愛撫は…



とても優しくて…



とても温かかった…




椎名さんに愛される喜びを感じながら…



私は椎名さんの柔らかい髪に手を伸ばした…




椎名さんの柔らかい髪…



大好きな感触…



触ると気持ちがいい…




私は椎名さんの髪を何度もかきあげた…



椎名さんの髪がくしゃくしゃになるくらい


何度もその髪に指を通して…



椎名さんの愛撫を受け止めた…




椎名さんが私のお腹や太ももにキスをする…



とても愛おしそうに…


キスをされて…



また吐息が出る…



柔らかい快感を覚える…



しばらくすると…



椎名さんは私の両足を広げて…



★「久しぶりのお〇〇ちょ♥️
      カワイイ💕」😚


とうれしそうに見つめてる…


未だに慣れないけれど…


椎名さんのうれしそうな♥️お顔を
見れるのが私は単純にうれしい…💕



ここから…


椎名さんのエロ紳士💕🎩✨が炸裂したっ…♥️




椎名さんのマル秘㊙️極上✨テクニックが
始まった…



椎名さんのお顔が私の両足の間から見える…


いつも恥ずかしくて見れなかったけれど…


上半身を起こして…



椎名さんが私を愛してくれているところを


眺めた…



そのあまりにもエッチな光景に…💕


興奮しちゃう私…



あんなに真面目な椎名さんの乱れる姿…



椎名さんが私を愛してくれているその姿が…


官能的過ぎて…


セクシーで…


男を感じずにはいられない…



椎名さんの舌の動きが私に…


何度も何度も波のような快感を与える…



その体制で私を離してくれない椎名さんに…


快感でたまらず身体がよじれる私…



波のような快感を何度となく覚えながら…


椎名さんと恋人繋ぎをしていた私の左手に


力を込めると…


椎名さんの大きな右手が


私の左手を握り返してくれた…



恋人繋ぎしながら…


椎名さんを身体中で感じて…


私の身体はどんどん火照っていく…




椎名さんが…


繋いでいた手を解いたかと思うと…



その手で私の中を刺激しだした…




この辺りから私の記憶がちょっぴり飛んでる(^-^;




椎名さんに攻められて…



早くも果てる私…



まだ椎名さん自身が入っていないのに…



毎回こうなる…💦




それは椎名さんが…


私がこうなるまでは絶対に…


入ってこないから…



私が満足するのを必ず見届ける…




波のような快感で身体がうねっていた私の
動きが止まり…


グッたりしたのを見ている椎名さん…



★「イッたの❓」



と聞く椎名さんに…


息を切らしながら答える…



♡「う……ん。」(⑅˘̤ ᵕ˘̤)*♡*




★「イッたら教えてくれないと困るよぅ。」



と椎名さんが言う…



椎名さんが入ってくるのを我慢してるからかな❓


なんて思っていると…




グッたりしている私をさらに…


攻めてきた椎名さん…



私がグッたりと果てるのを見るのが


うれしい様子の椎名さん…



また…


椎名さんのマル秘㊙️テクが一から始まり…


私は身悶える…



すっかり調教されて…


どうやら感じやすくなったみたいで…



自分でも驚くくらいに…


椎名さんの舌と指で果てさせられた…




久しぶりなこともあって…


片手では足りないくらい果てさせられて…


グッたりして動けない私…



そして…


ようやく椎名さんが入ってきた…



椎名さんと一つになるのは心地いい…



肌と肌…



身体の中で繋がる感触は…



私にとっては至福の時間…♥️



椎名さんで私の中を埋め尽くされて



心も身体も一つになる瞬間…



無条件で愛を感じられる時間…



椎名さんと私の身体が繋がった時…



繋がった部分が温かくなる…



♡「エッチな音がしてる…」(⑅•͈ᴗ•͈).:*♡



椎名さんに微笑みながらそう言うと…



椎名さんはニッコリ微笑んで…



★「まだ濡れてるからだよ…」



と私に言った…



一つになったまま…


二人で微笑み合いながら…


見つめ合った…



そして…


椎名さんとの至福の時間は…


クライマックスへと続いていく…




LOVELOVE♥️記事はまだ続くので…
今日はこの辺で…



今日もブログ訪問ありがとうございます♪

久しぶりのデートはフルコース♥️2

椎名さんとおいしいステーキとワイン🍷を
楽しんでお店を出た…


本当に高価な贅沢なディナーだったな…



とっても美味しかった😋🍴Ψ( 'ч'♡ )


椎名さん、ありがとう♥️✨



すぐ右隣にいる椎名さんと


至近距離で何度も目を合わせて


微笑みながら食べたから…


余計に甘くて最高なディナーだった…💕



真近くで…


椎名さんと見つめ合う幸せな時間…♡


触れてないんだけど…


私の心はすでにメロメロ💕…


溶けそうだった…



笑みがこぼれて止まらなかった…


ただただ幸せを感じて…


幸せな時間しかなくて…



あの距離で一緒に食事できる幸せを


私は噛み締めた…



まだ今日のおデート♡の序章だというのに…


すでに心はメロメロ…トロトロ💕



二人きりでいられる幸せな時間は…


本当に贅沢な時間…


だと改めて実感した…



ディナーを存分に味わった後…



★「次に行こう❗️」


椎名さんが待ちきれないといった感じで……


私に声を掛けた…



私も早く行きたい💕


♡「うんっ💕」


椎名さんに微笑んで応えて…


一緒にお店を出た…



お店を出ると…


椎名さんが手を差し出した…



いつものように手を繋いでくれる椎名さん…


温かい椎名さんの手に安心する…



少し歩くと椎名さんが言った…


★「買い物していこう❗️」



これは私達が愛し合う時のお決まりのコース…


どれを買うか二人で見繕う時間も…


家族みたいでちょっぴりうれしい…



コンビニに寄ると…



★「どれがいい❓何か食べたいものある❓」


椎名さんがいつものように聞いてくれた…



変わったお酒を発見👀した私…


期間限定の缶チューハイ…


マンゴーとかパイナップルとか…


夏っぽいのを発見して椎名さんに…



♡「これ飲んでみたい♥️」



とおねだりする私…


★「おっ、いいねっ👍」


とお買い物カゴに投入…



…とまた新たな変わったデザート発見❗️✨



♡「塩バニラプリン❓食べた~い💕」



★「いいよ。(^-^)!!!」


私が変わった商品をマジマジと見てると…


★「それも買う❓」


と聞いてくれる椎名さん💕


♡「こんなには飲めないから今日はいいよ。」


私に何でもしてくれようとする椎名さん😍
すごくうれしいっ😘


でも、絶対に飲めないから…
もったいなくてやめた…


椎名さんに悪いからね…



こうして…
いろいろ買い込んで今日のメイン♥️なる
街へ向かう…



椎名さんと夜の繁華街の裏通りを
手を繋いで歩いた…


たくさんのネオンがキラキラ✨してる…



目的はそれしかないでしょ…


そんなちょっぴりドキドキ💕する街…


に入り込んだ私達…



椎名さんと一緒だから怖くない…


椎名さんとならちょっぴりワクワク😍しちゃう…



こんな刺激的な街の裏通りに…


椎名さんと何回来ただろう…



この街にはたくさんの愛の館がある…


椎名さんとあちこち制覇してる♥️


それがうれしい💕


椎名さんとの愛の思い出ばかり…✨


すっかり椎名さん色に染まってる私…♡



また椎名さんとこの愛の裏通りに来れた…♡


手を繋いで歩いてると…


二人きりの世界にどんどん吸い込まれていく…


誰にも触れられたくない夢の世界の始まり…



優しい椎名さんが隣にいる幸せを感じながら…


これから椎名さんと触れ合えるのかと
思うと…


さらなるトキメキが私を襲った…


胸が高鳴りながら椎名さんと歩く…



椎名さんが私に聞いた…


★「どこがいい❓」



方向音痴な私は…


この迷路のような愛の裏通りに入ると…


未だにどこを歩いているかわからない…💦


一人なら確実に迷子💦


だから、いつも椎名さん任せ♥️



椎名さんに任せると…


時間がもったいないから…


早く触れ合いたいから…


そんな理由で…


私達はすぐ近くに入るっ
ෆ⃛ෆ⃛(*///◡///*)ෆ⃛ෆ⃛


というオチ(笑)



早い話が…
二人きりになれればどこでもいいのですっ♥️



そして…


愛の館に入ると…


パネルを見て…


★「どの部屋がいい❓」


と椎名さんが聞いてくれた…


同じお部屋が気に入った私達…


意見一致でそのお部屋のボタンを椎名さんが
クリックした…


椎名さんが受付を済ませて
エレベーターへ乗り込んだ…



エレベーターのドキドキタイム…💕


は今回は2階だったから…
キスする間もなく
あっという間に到着した(笑)



お部屋に入ると…


持ち込んだもの達を整理…



襲われる前に気になることを済ませたい私…


椎名さんがお湯を張りに行った隙に…


ちょっとお手洗いに行くと…


エッ💦


Σ(゚д゚;)


ここのトイレには扉がないっ💦



♡「ここのトイレには扉がないよっ💦」


椎名さんに伝えると…


★「じゃあ、するところ見ておく♥️」


なんて言う椎名さんっ💦


以前から…


私がいたしているところを見たがるのだっ(笑)


恥ずかしいから絶対にヤダ❗️


と未だに全力拒否中(笑)


何とか今回も…


♡「恥ずかしいから、やだよ~(^-^;


      見ないでねっ❗️」


と言って免れた(笑)



この後…


椎名さんが気付かないうちに…


下半身だけシャワーを浴びた私(笑)



足先は家でもすぐに洗う私は…


綺麗にならないと気になって


LOVELOVE♥️に集中できないから…



それに椎名さんには…


いつもある場所を攻められる…



今日はきっとシャワーも浴びさせてもらえないはず…


椎名さんがシャワーを浴びたら…


時間がもったいないから…


とシャワーに行かせてもらえない…


(既に体験済(笑))



だから…


襲われる前に…


エチケットとしてシャワーを浴びた…



ちょっぴりホッとした♥️



準備万端✌️


これで攻められても平気💕✨




そして…
椎名さんがシャワーを浴びた…



椎名さんを待っている間…


ソファーでソワソワする私…



久しぶりの椎名さんとのLOVE♥️


ちょっぴり緊張する…



シャワー浴びて来たけれど…


大丈夫かな❓私…



( ゚д゚)ハッ!


ニンニク醤油…💧


思い出して…


歯磨きに走る💦



…と椎名さんがシャワーを浴びて出てきた…


椎名さんにタオルを渡す…



そして…


一緒にソファーに座った…



持ち込んだお酒で
椎名さんとまた乾杯する…



♡「お疲れさまっ💕」🥂



二人きりの空間はまるで夢の世界…



シャワーを浴びた椎名さんが隣に座っている…


この現実に私はうっとりした…


(。╯ᴗ╰)〜♡



ようやく二人っきりになれた…


待ちに待ったこの瞬間がようやく来たっ…




飲むのもそこそこに…



私のスカートをはらりとめくって…


右の太ももに触れる椎名さん…


私の足を見つめて…


優しく何度も撫でる…



触れたかったのを我慢してたかのように…


ずっと私の足を優しく撫でた…



そして…


椎名さんからのキス💋…



久しぶりのキスは優しいフレンチキスだった…



そして首筋にもキスされて…


椎名さんが私を抱き締める…



椎名さんのお顔が真近くにきて…


私の胸はどんどん高鳴る…



首筋からまた唇へ…


椎名さんのキス…



椎名さんが私の唇をまた塞いだ…



何度かキスされて…


うっとりしている私を…


椎名さんは真剣な眼差しで見つめた…



かと思うと…


突然、椎名さんが…


両腕を引っ張って私を立ち上がらせた…



そして…


私を強く抱き締めた…



苦しくなるくらいに強く抱き締められた…



椎名さんの表情には…


何とも言えない感情が滲み出てた…



久しぶりに会えた嬉しさと…


会えなかった辛さ…



それから…


多分、私に言った言葉への後悔…



言葉にはしなかったけれど…


その複雑な表情から…



★「ごめん。」



という言葉が聞こえたような気がした…



★「会いたかった❓」



椎名さんが毎回私に聞く言葉…



♡「会いたかったよ♥️」



満面の笑みで椎名さんを見つめながら…
応えた…



椎名さんがまた強く抱き締めてくれた…



椎名さんの心の痛みが伝わってきて…


私は言葉が出なかった…



ただただ…


椎名さんを強く抱き締め返すだけで
精一杯だった…




今日会ったら…


椎名さんに聞こうと思ってたことは


たくさんあったのに…



その質問は…


とてもちっぽけなことに思えた…



聞くことで…


何が解決するの?



ただ…


私の知りたかった気持ちを満たすだけ…




そう思うと…


そんな野暮なこと…


聞く意味があるのかな?



そう思えた…



すれ違ったことすら…


私はもう忘れてる…



辛かった日々は確かにあったけれど…



今は以前の私達に戻った…



その日々を通して…



お互いの存在の意味を見出して…



また側にいることをお互いに選択した…



これが今の全て…



おしまいにできない…



それが分かったから…



また椎名さんがここにいる…



そんな簡単なこと…



聞くこともない…



この幸せな時間に水を差すようなこと…



私はあえて触れなかった…




どんな道を辿ったとしても…



目の前にいる椎名さんが今の全て…




言葉にしなくても…


私には椎名さんの想いが…


きちんと伝わってくる…



あれだけ真面目な椎名さんを…


私が惑わせて…


感情を揺さぶっていること…



職場で風格のある


あの動じない椎名さんが…


私の前だと…


こんなにも感情を露にすること…



それだけ私に誠実に向き合ってくれていることが


私にはわかる…



私にか見せない椎名さんを


私はたくさん知っている…



椎名さんの唯一のプライベート



椎名さんがあの時に教えてくれたから…


それが私なんだと自信を持てた…



時は流れる…


人の気持ちは変わる…



あの時は分からなかったことが


たくさんわかる…



見えないものが見えるようになった…



信じる…



ことの大切さがよくわかったから…



揺らがなくなった…




椎名さんをどんな時も信じてる…



信じ合えたから…



巡り巡って…



私達はまた側にいる…



同じ季節を過ごすために…





今はただただ…



幸せな時間が流れてる…



この幸せを大事にしたい…




お互いの弱さを受け入れて…



許すことができたから…



また私達は寄り添って歩いていける…




椎名さんに強く抱き締められて…



椎名さんとこの恋愛をしている意味が…



私にはわかった…




何もいらない…



ただただ…



一緒にいる時間があればいい…




心から信じられる人と過ごす時間は…



最高に安らげる場所…




そんな時間をこれからもずっと椎名さんと



過ごしていきたい…




そんな気持ちで私は椎名さんを強く抱き締めた…





続きのLOVELOVE♡記事は次でねっ💕


今日もブログ訪問ありがとうございます♪