好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。40代後半になって出会った彼は、人生で初めて甘えられる人。人に甘えるってこんなに安らぐんだ…。そして、心から尊敬できる人。知れば知るほど、カッコよくて何から何まで合う彼の存在は私の人生でかけがえのない存在になりそうで…

深夜まで付き合ってくれた夜…

前記事のメールの続きです…


椎名さんの良き父親のメール…

お子さんへの思いが垣間見れる…


椎名さんは良くも悪くも

全部私に話してくれる…


これをどう受け止めたらいいのか…

私はわからなくなることが幾度もあった…

戸惑った…


深読みするなら…


「まだ子どもが小さいから離婚できません。」


「離婚できないから本気になられても困るよ。遊びだからね…。」


そう言いたいのかな…?


そんな風に考えることも最初はあった…



この日のメールに椎名さんの現実を知った私は凹んだ…


婚外恋愛…

それを突きつけられた瞬間だった…


でも、私は今読み返すと…

なんとも、裏腹な返信をしていた


「忙しいんだから、たまには早く帰って

休養しないと…」


なんて…

いい子してる…


でも、半分本音…



多分、その辛さも手伝ったのだと思う…

続けて私はメールする


私は抱えきれない仕事の期限に終われ

いっぱいいっぱいになって凹んでいた……


夜のメールで椎名さんに終わらない仕事から逃げたいと愚痴をこぼした…


「明日も明後日も、明々後日も

永遠に〇〇〇〇…(T_T)(T_T)(T_T)

逃げたい…(T_T)」


普段、椎名さんからのメールは

ラリーしない…


日々、忙しい中、朝と夜のメールが

そのまま続いてラリーする感じ…


たまに、話題によってはラリーになる


この日は、私の半端ない落ち込みように

放っておけなかったのか…


もしかしたら私が…


「そんな小さなお子さんがいるなんて知りませんでした…」


なんて返信したことで私の様子がおかしいと察知していたのか…


おやすみなさい

とメールする私に


明日も仕事なのに、深夜まで励ますメールをくれて、何回もラリーして付き合ってくれた椎名さん…


かなりの深夜…

周りに奥さんいないの?

大丈夫なのかな?


ドキドキしながら…


これ以上付き合わせたら、明日の仕事に差し支える…


私「……
 (◞‸◟)

とりあえず、やるしかないから頑張ります…。

こんな時間なのに、早速の返信ありがとうございます。

ちょっと勇気づけられました(泣)

明日、暗かったらごめんなさい…。」


(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)


椎名さん「そうそう

〇〇〇〇の〇〇〇〇プリンって知ってる

超美味いんだよ

頑張ってるご褒美に

今度食べさせてあげる♪」


………。


キラーン(✩𓎟✩)✨



私の不安な気持ちは和らいだ…


眠れない夜…


椎名さんはそばにいてくれた…


明日も仕事なのに…



この出来事は私の中でずっと残っている

大切な思い出♡



椎名さんを心配させたらダメだ…


そう思った…



現代のナポレオンのような椎名さんが

翌日、睡眠不足だったことは言うまでもない…(っ ̯ -。)


そして、私も睡眠不足(_ _).。o○

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。