好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

お預けデートは…なんて日だっ(後編)

台風🌀凄いですね…💧
電車も止まるなんて…おおごとですっ😱
被害が拡大しませんように…


では、前記事
「お預けデートは…なんて日だっ(前編)」

の続きの後編です♪
本当に大失態…💧



♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*



目の前でドアが閉まった電車を見送り
ホームを移動して次の電車を待った私…


椎名さんが指定した駅は
いつもとは違う駅


でも、そこでも幾度かデートしている 


イルミネーション✨と…
カラオケ🎤( *˙0˙*)ノ
ラーメン🍜の思い出がある


今日はあのカラオケ🎤( *˙0˙*)ノ屋さん
って言ってたな…椎名さん


なんて思いながら…
次の電車に乗るとすぐに着いた…


♡「着いたよ~
      どこにいればいい❓」


と送るも返事が来ない…💧


5分後…
とりあえず、以前待ち合わせした出口に
いることにした…


♡「1番出口の下にいるよ。」
     (出口番号は仮名です)


 と送ると、その1分後…


★「ごめん。
      乗り過ごしてC駅まで来ちゃった。


      A駅から一番先頭の改札で待ってて。
      今、A駅行きに乗った。」



A駅は椎名さんと私が乗った駅
C駅はそこから5駅目の駅


私達が待ち合わせしたB駅は
A駅から3駅目だった💦



椎名さんが乗り過ごして2駅先の
駅まで行ってしまった…💦


そこから引き返してくるという…💧



待ち合わせた駅は各停電車でたった3駅
時間にして10分弱…💧


椎名さんが起きた駅はさらに2駅先の駅
時間にして15分弱…



10分弱で睡魔に襲われて
寝てしまった椎名さん
(-_-)zzz💤


いくら電車が揺りかごみたいで
寝てしまいがちだとしても…💧



そんなこと…
………皆さん、有り得ますか~❓❓❓


私はあるけど~(笑)💦



だから…
どれだけ疲れてるの~❓❓❓椎名さん💦



って急に心配になってしまって…

なぜだかわからないけど…

急に涙がジワッ…ときた


そこまで疲れてるのに…
なんでそんな無理するの❓


そんな気持ちが溢れて…


椎名さんの気持ちがうれしいけど


こんなにしないと会えないことが切なくて…


でも…
会おうとしてくれることがうれしくて…


椎名さんの行動に気持ちを揺さぶられて…
私の胸の奥がギュッとなった…



椎名さんなら有りうる
どれだけ疲れてても私に会う時には言わない


最近の睡眠時間は3時間だ


って聞いてた…
それでも職場では一切そんな顔見せないから
つい忘れがちになる…


いつも限界まで頑張る椎名さん
がなんだか切かなった…
 
椎名さんを寝かせてあげたい…
でも、今日はお部屋じゃなかった…


お家に帰って寝た方がいいんじゃない❓
そう思った…


でも、会いたいから言えなくて…
結局、こんなメールしか送れなかった…



♡「大丈夫❓
      眠いんじゃない❓


     急がなくていいから
     気をつけてきてね😉」


椎名さんに会ってから様子を見よう…


それから、私達のメールは
こんな時のお約束の実況中継になった…(笑)


1分おきに発信してお互いに
自分の居場所を伝える…



私は椎名さんが言った場所



★「A駅から一番先頭の改札で待ってて。」

を駅員に聞いて移動した…




♡「2番出口に着いたよ。」


私が椎名さんに送ると…



★「1番出口の下にきたよ〜。」


椎名さんは私がさっきまで居たところに着いた💦
結果、私が最初に居たところで良かったみたい…💦


私達にはよくある
メール受信のタイムラグの仕業…💧



私が1番出口で待ってる時に…

★「A駅から一番先頭の改札で待ってて。」


が届き、この1番出口じゃないんだと
思って駅員に移動した私…


一方、椎名さんは私が1番出口にいると
思って、1番出口に来た…


といういきさつ…💧



そこから…


★「え…
      そこにいて」


移動した私のメールに気付き
椎名さんが私のいる場所に向かおうとする
メールが届いた…


♡「駅員に聞いたらここだっていうから
      2番出口に移動しちゃった💦


      戻るから待ってて。」


椎名さんが1番出口にいるというメールを見て
また私は戻ろうとした…ら


あの…
★「そこにいて。」


メールを受信し…
動かない方が懸命とわかり…


♡「じゃあ、上に出て待っておくね🎵」


と送信した…
結局、椎名さんの方に向かって歩いて
いくんだけど…💧


だって、そっちに今回行くお店があるはずだから…



上に上がり少し歩くと椎名さんに会えた✨


会うなり…


★「ごめん、ごめん。待たせたね。
       出口の番号わからなかったから
       歩かせちゃったね💦
      これから、番号で言わなきゃね。」



それから椎名さんとお店に向かった…


椎名さん、足長いから早くてついてけない💦


♡「待って…。早いよ。」


★「ごめん、ごめん💧」


それからゆっくり二人で夜の繁華街を歩いた…
ちょっと大人な街…


しばらく行くと…
今回初めてのお店に辿り着いた…


ガラス窓から中の様子が見えた…


炊き上がる大きな炎🔥が見えて
私は釘付けになった…


(っ’ヮ’c)ワア…


すご~い😍


なんか…
すでに大人なオシャレ感で私は高揚した✨


でも、どうやら満員でさらに並んで
順番を待ってる人達もいる…



椎名さんが私に教えてくれた…


★「ここは、藁で焼くお店なんだよ。」


♡「へぇ~♪そうなんだ~🎵おいしそう😋」
      


★「どうする❓いっぱいで待たなきゃいけない
      みたいだから…
      他のところに行く❓」


♡「ううん♡ここがいいっ🎵
      あの炎🔥が気になるから…
      待つ~🎵」


★「わかった。一応、他の所も見てくるから
      ここで待ってて。」


そう言って椎名さんは
周りのお店を探しに行ってくれた…


私はこのお店にある通りに面した軒下で
椎名さんを待った…


以前はそこにも席があったらしい
しっかり作られた風流な軒下


夜風に当たって気持ち良かった…


しばらくすると椎名さんが
袋に入った缶チューハイを手に戻ってきた…


★「恥ずかしいから袋に入れて飲んで。
      一応、店先だし…」


椎名さんと缶チューハイを飲みながら
順番を待ち…
たくさんお話した…♡



最近、私が飲んだ缶チューハイの話をした…


♡「コーラみたいでおいしいんだけどね…
      なんとっ9%もあって…
      ヨーグルト味もあって、2缶飲んだら…
      クタッとなって寝ちゃうの😓」


椎名さんは…
なんとっ…
その缶チューハイをまた探し当てて
買ってきてくれた✨


そしてまた軒下でお話した…


目の前にある建物を見て…


★「なんであの建物には窓がないんだろう…」


♡「犯罪の匂いがするね。」


ここは眠らない街…
外国人がたくさんいる…


薬の売買してそうな…
そんな匂いがする不思議な景観の建物が
あって私達は気になった…



なんてことない話題を
とりとめなくした…


軒下で夜風に吹かれて
この時間が風流で素敵な時間だった…♥️✨



小一時間待ってようやく中に通された…


椎名さんがあそこがいいと言ってた
炎🔥が見えるカウンター席に通された…



椎名さんがおすすめのメニューを
たくさんオーダーしてくれた✨


ブログのお話もした…


たまに読んでくれてるらしい🎵✨


そして…


★「なんで解除したの❓」



私がランキング登録解除したことを
聞かれた…


え…💧
椎名さんのためにだったんだけど…💦


今はまた復活したことは知らなかったみたい(^_^;
忙しくてブログ読む時間ないもんね、椎名さんは…



なんて思ってると…



藁で焼いたカツオのお刺身や鯖寿司が…
どんどん出てくる…💕


美味しそう😋



少し食べて…


ŧ‹”ŧ‹”( ˙༥˙ )♡



おいしいっ♥️



と思っていると…




ウッ…  (|||O⌓O;) 




慌てトイレに駆け込む…



┐('~`;)┌



マジですか…💧



椎名さんとだから…
ウコン飲まなかった…💧



飲めば良かった…┐('~`;)┌



は後の祭り…💧




席に戻るけど…
またまたトイレに駆けつける…


せっかくのお預けデート♡なのに


残念ながら…
この辺からあまり覚えていない…💦



何を食べたかすら…
というか…
多分、食べてない…💧


椎名さんに申し訳ない💦



実は私もここのところ…
睡眠時間が4時間だった…


でもこの日は椎名さんに会えて
アドレナリンが出てたから
疲れている自覚がなかった…💧



トイレから出てくる度に椎名さんに


★「大丈夫❓」


と心配された…


椎名さんが…


★「食べてないのに、飲ませちゃったからだね。
      ごめん。」


としきりに言ってたのを覚えている…


その後は、食事にならないから
多分1時間くらいでお店を出たはず…

また軒先で夜風に当たった…


軒先に座って
柱に持たれてうなだれてる私…



何のストレスもないのに…💧
てか、椎名さんと会えてうれしさで
いっぱいなのに…


何やってんだか…💧




でも、気持ち悪くてそれどころじゃなかった…


椎名さんがお水を買ってきて
飲ませてくれた…


こんな私の付き添いで時間を潰している椎名さん



ウッ…



┐('~`;)┌




と堪えるんだけど…
トイレに駆け込む時間もなく…



椎名さんの前でリバースした私…😱💦



そりゃ、ちょびっとだけど…
もちろん、袋にだけど…



こんなあられもない姿を見たら…



百年の恋も冷める


でしょー


普通…


真っ青😱でしょー




あ~…
本当に嫌になっちゃう…


カラオケなんて行けないし…



でも、椎名さんは優しかった…


★「大丈夫❓」


と声を掛けてくれながら
ただ隣にいて…
ずっと私の背中をさすってくれてた…


多分、ここでまた1時間は過ごしたはず…



椎名さんはカラオケに行くつもりに
してくれてたのに…


介抱に明け暮れてどう思っただろう…



そして、リミットタイムがきた…


椎名さんが…


★「送るよ。」


と言った…


その言葉通り…


椎名さんは私に寄り添って
私の最寄り駅まで送ってくれた…


椎名さんのお家は真逆なのに…


職場の駅だって通るのに…


自分のことより…
私を送ることを優先してくれた椎名さん…


本当に優しい…




電車で席に着くと…


私の左手に座った椎名さんは…


右手で私の頭をグイッと引き寄せて…
私の頭を椎名さんの肩に
持たれかけさせようとした…



この強引に引き寄せる仕草に…
酔っていてもキュン💕とした私…



たまに見せる椎名さんの男気…
これが私にはたまらない…



他の男性にこんな甘えるなんて
私はないから…


椎名さんのこういう包み込んでくれる
男らしさがたまらなく好き…



でも…


★「ああ…ここは、人目があるか…。」



そう、ここは…
私の最寄り駅まで乗る電車だから…
私の知人がいるかもしれない…


職場の駅だって通るから…
職場の人だっているかもしれない…



………



椎名さんは…
そんな言葉を言って
そおっと右手を外した…



でも、私は椎名さんが咄嗟に取った行動が
うれしかった♥️


この日、触れ合えることはなかったけれど…


キスもできなかったし…
手すら繋がなかったけど…


でも、右手を外しても…
横にずっと座っていた
椎名さんの温もりを覚えている…


軒下でずっと寄り添ってくれてた
椎名さんを覚えている…



なぜだかわからないけれど…


大失態したのに…


椎名さんの心の温かさを感じて…
身体の温もりを感じた…



触れ合えなくても…
心は温かった…


私は満たされた…



椎名さんが私の最寄り駅で降りて…
改札まで送ってくれたこと…


これは実は二度目…
あの時はタクシーで送ってくれた…
また回想記事にしよう…



その夜、椎名さんから…


★「気をつけて帰ってね。
      鞄にお土産入れておいたから
      酔いが冷めたら食べてね。」


★「ごめんね飲ませちゃって。m(_ _)m
       次回からは気をつけるよ。


      食べながらじゃないとね〜。」


とメールが来てた…
帰宅後、速攻で寝た私は気付かず…💧



翌日、椎名さんがお土産で持たせてくれた
藁で焼いた鯖寿司を食べたら
超おいしかった😋


ありがとう♥️椎名さん✨



そして椎名さんに返信した…



♡「ううん、大丈夫。
       せっかくのおデートが…😢


       鯖寿司おいしかったよ💕
       ありがとう♥️


      また時間できたら教えてね♥️
      次回楽しみにしてるね~😘」




お預けデート♡はなんて日だっ😱


私は椎名さんの優しさで満たされたけど…



私のこんな大失態だったを見て…


もしかしたら椎名さんは…
百年の恋も冷めてるかもしれないな…💧


次回は百年分挽回しなきゃな…



大声で叫びたい…


こんな時でも優しい椎名さんが
私は…


大好きだ~♥️




今日もブログ訪問ありがとうございます♪