好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

ふるさと

先週、私はこの地に降り立った…


時速300kmの一人旅


周りにはサラリーマンらしき人達
それは、夜遅くまで
家族のために頑張っている姿に見えた…


心をリセットしにきた私…


この人達にはそんな自由もないのかもしれない
社会で戦う戦士を見て…
そんな思いがうっすらと過ぎった…


椎名さんや夫の姿が重なった…


道中、椎名さんにメールした…
帰ってくるねと…


あの日の私は…
人生最大に自己肯定感が持てなかった…


椎名さんのいる街からどんどん遠ざかって…
私はふるさとに降り立った…


ホームで扉が開くと…
中に空気が入り込んできた…


懐かしい光景が見えた


私は大きく息を吸った…


ふと肩の力が抜けていく感覚を覚えた…


私が育った町は温かい…
慣れ親しんだ町への安堵感を覚えた…


私が暮らす街にいるとたまにわからなくなる
私のidentityがここにはある



それからの私は…
自由な時間を過ごした…


私が暮らす街とは違う文化がある…


同じ日本とは思えないほど
感覚が違う町…


肩肘張らずにいていいよ…


どこからかそんな声が聞こえた気がした…


幼い頃の私は…


今、私が暮らす街を
どこか遠くの…
テレビの中の街だと思っていた…


妻となり母となった私は
そのテレビの中の街にいた…
夫の仕事の都合だった…


情報発信のその街は
時間の流れが速くて…
眠ることを知らない…


好奇心を満たしてくれる街でもあり
夢に溢れた街でもあった…


文化の違いに戸惑いながらも
ただひたすらに駆け抜けた日々は
大変だけど楽しかった…


既に子育て終盤に差し掛かった私…


ふるさとにたくさんの友達を残してきた私は
その街でも社会に出てたくさんの仲間を作った


その街にも私のidentityができて…
楽しくなってきたところだった…


これから私の夢に向けて
少しづつ準備していくために始めたあること…


それさえも夫に否定されてしまう


私を籠の中の鳥のようにしまっておきたい夫と


飛び立ちたい私…


これが私達夫婦の最大の価値観のズレ



穏やかな町で育った夫には
私とは違う地にふるさとがある…


古き良き日本を思い出させる町だと思った…


そんな穏やかな町で育った夫はやはり素朴で…
そんなところが私は好きだった…


夢を実現して変わってしまった夫
夢を追って彼なりに一生懸命生きてきた結果だった…


その街に暮らしているのに


夫のふるさとを基準にして
私を縛りつけようとする…


穏やかな町と眠らない街は一緒じゃないのに…
都合のいい話が毎回繰り返される…


私には私の基準がある


価値観の溝はなかなか埋まらない…
話し合っても絶対に折れない夫…


あの素朴さはどこに行ったのか…
私が好きだった夫はもういない…



でも、ふるさとで過ごしてみて
少しだけ私の考えも変わった…


恵まれた生活をさせてもらえていることに
気付けた…


そして、椎名さんからのアドバイスで…


私の一番の悩みどころの家計の知恵を
教えてもらえて本当に助かった…


そして、このブログのコメントにも助けられた…



予告通りに既に非公開にした
家庭の問題の記事も…
椎名さんに叱られた件の記事も…


無事に一件落着した✨



無事に解決して
私の心が澄み渡ったら…


ふるさとでは…


「着いた時には死んでた顔が明るくなった❗️
   良かった❗️」


そんなやり取りが
私の知らないところであるらしい<(_ _٥)>


そう子どもから聞きました…💧


ふるさとっていいな…♪
私の味方だらけ(笑)


やっぱりこの地で
人に囲まれて暮らしたかった…


私のふるさとのこの町を嫌う夫
夫といる限りは叶わないけど…

だから、私の意志に関係なく
私達家族は今もあの街で暮らしている



この地をまもなく去るけれど…
たくさんたくさん無償の愛を
充電してもらえたから…


私はまたあの街で頑張れそうᕙ( ˙-˙ )ᕗ


また、リセットしたくなったら
ここへ来よう…



私のふるさとへ…




今日もブログ訪問ありがとうございます♪