好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

大切な人(後編)

記事にも書いた飲み会が終わった…


ホッとした…



この飲み会で…


要らぬ火種🔥を作ってしまうかもしれない…


そんな心配をしていた私…(^-^;



椎名さんからの可愛いヤキモチメールのことも
あったから…


わさ男もまたいるし…


今回は心配で胸がザワついた…




職場恋愛をしている場合…


職場の飲み会は最も危険⚠なイベント…(;^_^A


特に一緒に参加する場合はなおさらのこと



お互いが異性と話すところを見てしまう…😢



もちろん、私達が自ら近づいていくんじゃなくて


異性から寄ってくるのだけど…💧



お互いのせいじゃないとわかっていても…


この光景が、お互いの要らぬ嫉妬💧を生む💦



本当に要らない嫉妬にしか過ぎないのに…


モヤモヤしてしまう( ´^`° )




職場では私達の関係を隠さなきゃいけない


これが、なかなかキツい…


本当は誰よりも仲良しで…


お互いの気持ちを確認してるのに…


あえてそんなに仲良しではない振りをしなきゃいけない…



秘密にしなきゃいけない婚外恋愛だから
なおさらのこと…



とりわけ、椎名さんは幹部だから余計に
軽々しく話せないのもある…



椎名さんに変な噂が立ったら…



そう思うと…


椎名さんに私から近づくことなんてできない…



二人きりになった時の…


ラブラブな二人の空気感💕


を知っている私…



椎名さんの声色が私の前では変わる…


とっても優しくて甘い話し方になる(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)♡



そんな椎名さんを私は知っている(∩˃o˂∩)♡



私だって椎名さんの前では満面の笑みが
こぼれてしまう…


メロメロになっちゃう♥️



そんな二人きりの空気感が出たら…


わかる人にはわかってしまう…



私達がただならぬ関係だってこと…




そう思うと…


危険⚠過ぎて近寄れない…



椎名さんは幹部で私は非正規


立場が違い過ぎて…


私と椎名さんが特別仲が良いことなんて


職場の仕事上は有り得ない話…



しかも椎名さんも私も真面目で通っている


誰も私達がそんな関係だなんて想像もつかないだろう…



でも、これが…


実は要らぬ嫉妬を巻き起こす原因なのかもしれない



私達がそんなに仲良しだと思われていないことが…



だから、周囲の異性が近寄ってくる…



本当は誰より近くにいたいのに…



秘密の関係を隠さなきゃいけないジレンマに…


仕方ないと思ってきた…



でも、今回の私はちょっぴり違った…



成長してた…



少し離れたことで…


椎名さんと過ごす日々の一日一日…



その一日一日が


かけがえのない時間なんだと気付いたから…



後で後悔するようなことはしない…


大切な関係だから…



椎名さんにとっては些細なこと…


だから、椎名さんは気付いていない…


そんなことがある…



私が気にしているなんて


気付かない…


そんなことが今まであった…



後になって嫌だったと言うよりも…


先にちょっぴり伝えておこう…



そう思った…


私の気持ちに余裕があるうちに…



飲み会の前日に椎名さんとのメールで


飲み会の話になった時に…


♡「わさ男とは離れて座るから
       本当に気にしないでほしい。」


そして、私も椎名さんに知っていてほしい
ちょっぴり苦手な女子のことを伝えた…



椎名さんに近付いてくる女子(^-^;


記事にも書いたけれど…


前回の歓送会の二次会で
すごくモヤモヤしたから…💧



ただ、椎名さんには立場があるから…


職場の女子をねぎらうのもお仕事だと


私はわかっている…



だから…


♡「飲み会楽しんでね。」


そう締めくくった…



朝、椎名さんからのメール…


★「今日、観察してみる。」


とその女子を観察してみるときた…💧



椎名さんは目に入っていなかったから…
どんな子か知らない…💦
逆に今日その女子を見てみるなんてきたから…💧



要らぬ心配なんだけど…
他に近づいてくる女子もいることだし…


やっぱり、一応言っておこう…


♡「ヤキモチ妬いちゃうから女子とは
       ほどほどにお願いしますっ😘(笑)」


なんて返信してみたっ♪(笑)



(๑´ლ`๑)フフ♡



椎名さん、どう思っただろうな…




そして…


このメールのおかげか…


私には今回何もモヤモヤはなかった✌️✨



椎名さん、最高~😍




この日、椎名さんが


仕事を終えて遅れて飲み会に参加すると…



途端に職場の女子が一斉に


椎名さんの隣の席へ移動したっ💦💦💦



現れるなり女性陣に囲まれる椎名さんっ💦




スゴすぎ~っ😱😱😱😱😱😱



この光景…💧


みんな、積極的過ぎて…💧


私は圧倒される…😓




職場では女王様的な役職の女性軍が
椎名さんに群がった…(;^_^A



もはや、私の入る隙間などないっ💦



そしてさらに…


やっぱり、あの女子は椎名さんに
話しかけられるのを待つように…


椎名さんのそばにずっと立っていた…💧



今年入ったばかりの非正規女子…💧


歓送会の二次会で椎名さんの隣に


座った女子💦



新参者なのに…


本当にいい度胸してる(;^_^A


有り得な~い💧



今回のやり方もすごいな~💦



椎名さんが席に着く時に…


隣にいてずっと話しかけられるのを待つように
立っている…


きっと、椎名さんが…


隣に座ったら?


とでも言ってくれると思っているのだろうな…💧




だけど、スルーしてくれた椎名さんっ♥️✨


その時に椎名さんと話していた幹部の女性も


その女子をオールスルー(笑)



当たり前だよっ💦


立場をわきまえ無さ過ぎる


この女子…


私は本当に苦手~💦



とりあえず、あのメールでこの女子が
苦手だと椎名さんに伝えておいたから…


私の見たくない光景は起きなかった


ヤッター、椎名さんっ最高~\(*ˊᗜˋ*)/♡♡♡




私の心配はなかったけれど…


やっぱり、椎名さんはあったのだろう…💧



私の行くところ、行くところ


わさ男が付いてくる💦



離れて座るって椎名さんに言ったのにぃ…😰



そして…


他の男性と話していると…


椎名さんが私にだけ食べ物を持ってきてくれた♥️



男性陣の中の椎名さんの部下が…


「浅川さんにだけ?👀」



椎名さんのあからさまな贔屓…


に苦笑い…



この人は以前に私に…


「職場で一番浅川さんが綺麗だと思っている❗️」



と飲み会の席でみんなの前で私に言った人…



今回も、またみんなの前で言われたっ💦




そんな中、食べ物を持って…


また現れる椎名さんっ(笑)




超絶、可愛~いっ♥️♥️♥️


(⑅ ॣ•͈ᴗ•͈ ॣ)∟ᵒᵛᵉ૫૦∪





★「俺の女だから、手を出すなっ。」💢



椎名さんのそんな心の声が聞こえてくる気がした…



そして…


楽しかった飲み会が終わった時に…


私はやらかした😱💦



一気に酔いが回った…💧



途中の記憶がないっ💦



気がつくと…



駅の改札で私の真後ろに椎名さんがいて…



★「浅川さんをお願いします。」



そう言ってくれていた…



その後、振り向くと…


椎名さんが階段を上っていくのが見えた…



私を無事に返すために…


違う路線まで


わざわざ遠回りして私を送ってくれていた…



そして…


例のストーカーおじちゃまもいたから


おじちゃまじゃなく…


年配の女性に私を託してくれていた…


感動して号泣(つ﹏<)・゚。



紳士🎩✨で…


カッコ良すぎるよっ💕



心配かけてごめんなさい、椎名さん<(_ _)>




この他にも…


椎名さんは遅れるからと…


飲み会用のある物を私に託してくれた



幹事のある若い男性から…


「椎名さんから浅川さんに渡してって言われました。」


とその物を受け取った私…



私が不在の職場で椎名さんが…


そう言ってくれたことがうれしかった…♡



今回の飲み会で…


ちょっぴりだけだけど…


職場のみんなに…



私と椎名さんは仲良し♡



だと牽制できたかな♪



近くに座って話すことはできなかったけれど…


同じテーブルには座れたし✌️✨



椎名さんが何度か私に注ぎに来てくれた💕



二人きりの空気感💕は…


もちろんっ、出さず…


でも、確実に私達が…


お互いを想い合っている


そんな見えない絆を感じることができた…



ちょっとずつだけど…


お互いを思いやりながら…



二人の愛を育んでる…



そんな気がするこの頃です…



椎名さん、ありがとう♥️




なかなか会えなくても…


あなたなら信じられる…




ずっと繋がってる絆を…


純愛を…




あなたは本当に愛しくて…


かけがえのない私の大切な人




今日もブログ訪問ありがとうございます♪