好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

恋の終わりの疑似体験

前記事で皆さんからたくさんコメントいただき…


また気持ちを新たにできました♪


ありがとうございました♡



次の記事で私が考えたことをお伝えしていきたいと思います…



今回は、前記事「独占欲」からの続きです…




・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚




職場で奥さんの話を聞いて私が思ったことを…


伝えなくていいの?



自問自答の結果…


私は椎名さんにメールした…



♡「嫌いになった?」



椎名さんがいつも眠りにつく時間…



♡「あのね、お昼休みに奥さんの話をしてたの聞こえてたよ。」



椎名さんからの返信を待ちながら…


いつの間にか私は眠りについていた…




・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



そこは夢の中…



現実の私がそのまま夢の中に入り込んで…


現実の続きが夢の中で続いていた…



椎名さんからのメールの返信を今か今かと待つ私…



でも、椎名さんからはメールが来ない…



眠れないまま、私はとうとう朝を迎えた…



椎名さんからのメールは結局来なかった…



そして…


なぜだか…


椎名さんが他の女性と歩いているところを見た…


そんな情報がお友達から入った…



混乱する私…



何度見てもメールは来ない…



いつも優しい椎名さんはそこにはいなかった…



椎名さんと私は終わったんだ…



一気に地の底に突き落とされたような気持ちになり…



涙が止まらない…



泣き続ける私…



椎名さん…



椎名さん…



椎名さあぁん…




胸が苦しくなって…



椎名さんを泣きながら呼び続けていたら…




目が覚めた…




・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚




でも、起きてもまだ悲しみに暮れる…



苦しい気持ちの余韻が残っていて…




頭が混乱していて…



今の状況が飲み込めない…




しばらく呆然としていたら…



今のは夢だったんだ…



そうわかった…




椎名さんと私は終わっていない…



これは現実の世界…




でも、時間はまだまだ椎名さんからのいつもの


メールが届く時間ではなかった…



寝たくても興奮状態で眠れない…




うたた寝をしながら朝を待つ…




椎名さんからのメールは来ない…




椎名さんから夜のメールが来ないことは…



数回あった…



家族団欒できたとしても…



椎名さんは自室があるからか…



お家からでもメールはくれる…




来ない時は…



接待で寝落ちしてる…



そして、私が眠った後…



椎名さんが夜中に起きた時間にメールが



届いていたりする…



そんなメールも今日は届いていない…




私のメールは読んだのかな?



読んだ上で返信がないのかな?




朝になったら椎名さんから絶対にメールが来る…



そう信じよう…




………。




来なかったら…




どうしよう…





お昼休みの奥さんの話も…



夜のメールが来ないことも…



椎名さんがわざとやっていたら…



朝のメールはないかもしれない…



さっきの夢は予知夢かもしれない…




時間だけが過ぎてく…




もうすぐ…



早ければ早朝出勤の椎名さんからメールが来る時間…




メール画面を確認する…




来ない…




私のメール内容が内容な時には…



椎名さんは慌てて早くメールをくれたりする…




でも来ていない…




ようやく…


いつも椎名さんからのメールが来る時間になった…




………





来たっ❗️❗️❗️




椎名さんからメールが来たああっ😭😭😭



メールを開ける手がちょっぴり震える…



ドキドキする…



何て書いてあるのだろう…



メールを開けると…



★「〇〇〇〇の話だよ。


大学生の時に△△△△やってて、


アッシーをさせられてたって話。



まあ、あの時


別れてたらバラ色の人生だったかも。



子どもたちは可愛いんだけど…



たまに帰ると子どもたちがやんややんやで


着いて回るのでメールできなかった。


ごめんね。」



そして、いつもなら報告の際に


毒島さんから戻るよう言われるのが…


昨日は不在で戻らなくて良かったから早く帰宅したこと…


が書かれてあった…



きちんと説明してくれる椎名さん…


言わなくてもいい…


そんな人だっているだろうに…



椎名さんはこういう人…


家庭の事情まで教えてくれたその気持ちに…


ちょっぴり申し訳なさを覚えた…



そして、椎名さんが早く帰宅すると


子どもたちが喜んでくれることは…


私もうれしかった…



きっと、いつも忙しいパパに


寂しい思いをしているだろうから…



椎名さんのお子さんは私もかわいい…



椎名さんは子どもが大好き…



自分の子どもならなおさらだろう…



そんな優しい椎名さんには…



愛されるパパでいてほしい…



私はそう願う…



思いがけず子ども達と楽しい時間を過ごせた椎名さんは…



きっと、かわいい子ども達に癒されただろう…



椎名さんのうれしそうな顔を想像するだけで…



私は笑みがこぼれた…




そして、椎名さんからの返信に安心する私がいた…



やっぱり現実の椎名さんは優しい…



夢で椎名さんとの恋の終わりを疑似体験した私…



椎名さんとの恋が終わったら…



私は奈落の底に突き落とされた…



そんな苦しくて…



悲しみに暮れる疑似体験をしたから…



現実の椎名さんは私と恋愛をしてくれている…



そして…



こんなにも誠実で優しい…




その事実がどれだけありがたいことなのか…



わかりすぎるほどわかった私がいた…




椎名さんを絶対に離したくない…



そう思わずにいられない私がいた…





今日もブログ訪問ありがとうございます♪