好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

年内最後のデート(仕事納め編)

椎名さんと年内最後のデート♡をしてきました♪



椎名さんからの朝のメールで…


★「おはよう


特命の仕事もあって1時間しか寝られなかった。


2人きりのところで仮眠する。(^○^)


今日ちょっと仕事頼んでも大丈夫かな?


忙しい?」


と前日に椎名さんが1時間しか寝てないことを知った私…💦



前日の夜のメールで私が…


♡「明日は〇〇に行けばいい?」


と聞いたら…



★「この仕事が終わる様に頑張る


今 特命の仕事で宿題のメールが来た


今日、昨日△△からも来てるので、


悪いけど〇〇で時間潰してて、


ちょっと遅くなりそう。


L店のチケット渡しとくからご飯食べて待っててよ。


〇〇Y時目途に頑張る。」


と書かれてあった…


椎名さんにまた仕事が舞い込んだ様子…


このメールが届いた時間は真夜中


私が寝てる時間だった…



たまたま私も仕事疲れから寝落ちして


変な時間に一度起きたので、そのメールを見て


椎名さんは何時まで起きて仕事するつもりなんだろうと心配した……


でも、仕事納めのこの日を逃すと……


1週間は顔を見れない…


だから、睡眠不足の椎名さんを心配しながらも


私は椎名さんのそのメールに…


♡「大丈夫?


しばらく会えなくなるから


やっぱりちょっとでも充電しておきたいな~♥️


時間潰して待ってるからね💕😘」


と返信した…


やっぱり会いたい…


それが本音…



椎名さんならきっと睡眠を削ってでもお仕事してるだろうな…


と思っていた…


だから、この記事の最初に登場した朝のメールは


案の定のメールだった…



会えることは確か…


だけど、1時間しか寝てない状態の椎名さんが私は心配…


ついこの間…


実は椎名さんの身体に異変が起きて…


重病かもしれない…


ということがあった…


結果は問題なかったけれど…


そんな状態を知っていたから余計に心配だった…



いくら、スーパー戦士の椎名さんでも…


椎名さんの毎日はあまりにも過酷過ぎる…


いつか倒れるんじゃないか…


そんな心配を日々してしまう…



そんな状態でも会いに来てくれる…


本当なら身体を休めてほしいけれど…


この日を逃すとしばらく会えないから


やっぱり会いたかった私は…


椎名さんからの当日の朝のメール…


1時間しか寝てないというメールに


♡「おはよう(≧◡≦)


大丈夫?


仮眠OK♡


膝枕してヨシヨシしてあげるねっ😘」


と返信した…



椎名さんにゆっくり休んでもらおう…


椎名さんに少しでも会えるなら…


一緒に居られるならそれでいい…


椎名さんとの夜のデート♡を楽しみに…


私は職場へ向かった…



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



仕事納めの職場は…


早めにお休みを入れてる人もいて少し密度が薄かった…


普段ガンガン鳴っている電話があまりならない…


でもなぜか、私には入った…💦


椎名さんがこの職場に居なければ休みたいんだけどな~って感じ


椎名さんを見に行っているようなもの(笑)



なんだかんだ言っても…


職場恋愛はやっぱり顔を見れるから


贅沢なんだ…


皆さんのブログを読んで…


申し訳ないくらいにそう思った…



あさイチで、椎名さんを見る…


やっぱり…


(。╯ᴗ╰)〜♡


ってなる私…



椎名さんは必死に仕事してた…


下を向いていたから顔は見えなかったけど…


まるごと椎名さんは見えた(笑)



椎名さんをチラ見して気合いを入れる…


|ω•๑`)ㄘら♡


今日は人がいないから…


|• ∀•๑)”ジーッ♡


だった…



さぁ、今年ラストの日のお仕事頑張ろう❗️


気合いを入れた…



しばらくすると…


椎名さんが来た…


★「大丈夫?」


と朝のメールで椎名さんが私に仕事を頼みたいと言っていたあの件…


忙しい?と朝のメールで聞かれた…


あの仕事依頼の確認だった…


♡「はい。」


椎名さんから、仕事の指示を受ける私…


年内最終日に、まさかのガッツリした仕事が舞い込んだ…💦



椎名さ~ん💦( ´︵` ) 🌀🌀🌀


今日中は無理~💦(T_T)



1時間しか寝てない椎名さんを思うと…


もちろん、泣き言なんて言えない…



椎名さんを楽にしてあげたいから頑張ろうと思った…


だから、仕事納めの日もガッツリ仕事した…



しばらくして思った…


私の心の声…


♡「椎名さんが私にチケットくれるって言ってたけど…


どうやって渡してくれるのだろう…」


お昼休みもアクションなし…


ようやく椎名さんからの依頼の仕事の目処もつき…


その仕事を片付けようとした時に


椎名さんがお手洗いに席を立った…


戻ってきたら声掛けてくれるかな?



椎名さんは気安く話しかけられない立場の人…


だから、なかなか私からは話しかけられない…



椎名さんが戻ってきた…


椎名さんに来てほしくて椎名さんを見つめる…


そんな私に気付いて椎名さんが来てくれた…



そして、仕事の報告をした…


椎名さんから直接仕事を依頼されることはそんなにない…



人が少なくて、椎名さんとの会話が周囲に丸聞こえ…


昨年は、このシーンで椎名さんと会話する時に


ドキドキしてたな…


椎名さんもそんな感じだった…



今年は上手に会話できるようになった…


というより、私達の恋愛が


切り替えしなくても日常に溶け込んでいる…


そんな恋愛になった…



仕事の話をしながら…


椎名さんが…


★「これ。」


と私の資料の上にさりげなく…


あるカードを置いた…


びっくりした…


それは、椎名さんが持っている特別なカード


………えっ!?


……


こんなカード…


家族でもない私に預けるなんて…


椎名さん…



椎名さんだから持っているカード…


クレジットカードではない…


初めて見た…


やっぱり椎名さんってすごいんだな…


なんだか、合鍵を渡されたような不思議な感覚…



♡「ありがとうございます。」


私が驚きながらそう言うと…


椎名さんは立ち去っていった…



ハッと我に返って周囲を見渡し…


カードをデスクの引き出しにしまった…



椎名さんは、私に費用の負担をさせたくない…


時間だけくれればいいから…


その言葉は本物…


ずっと続いている椎名さんの私とのお付き合いにおけるこだわり…



椎名さんの特別なカード…


本当に…


椎名さんの家族みたい…私



こんなに椎名さんの領域に入らせてくれる…


信用してくれている…


そう思うと…


胸が熱くなった…




しばらくして今年の仕事が終わった…


椎名さんからの仕事は来年に持ち越し…



そして、皆さんや椎名さんに今年最後のご挨拶…


「良いお年を…」


をして…


一度帰宅した…



          つづきは「今から会いに行きます」編で…



今日もブログ訪問ありがとうございます♪