好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

守りたいもの

クリスマス🎄が終わった…


家族…主に子どもたちへの3夜連続のディナー作りを終えた私…


これは、言うなれば我が家の忘年会みたいなもの…


クリスマス🎄もあるけれど…


一年を無事に過ごせたことへの感謝…


一年の締めくくりに私は毎年腕を奮う…



子ども達がおいしそうに食べてくれる笑顔を


見ることが好き…


本当においしそうに幸せそうに…


食べてくれる子ども達…



私の愛する子ども達に…


愛情がこもったおいしいお料理…


そして…


温かい…


熱々の出来たての


その味を味わせてあげたい…



ただその一心で私は何時間も…


ひたすら作り続けてきた…


かわいい我が子のために…



そんなことを毎年していたら…


いつの間にか今はその半分の時間で


仕上げることができるようになった…



そして、我が家ではそれが当たり前になっていった…


私は感謝されたくて作っているわけではない…



ただ、おいしいものを食べて幸せそうな


子ども達の笑顔を見たいだけ…


本当にただそれだけ…



今年も終わった…



クリスマス🎄を終えて…


日常が戻ってきた…



さぁ、仕事、仕事…


まだまだ忙しい私…


職場で仕事をしていた…



お手洗い休憩に立つ…


これから旅立つ娘からLINEが来ていた…



「3日間全部おいしかった😊


ありがとう❤」



泣いた…


職場のお手洗いの個室で…


次から次に涙が出てくる…


個室から出れなくなった…



高校生になった下の子は…


昔からよく…


「ママ大好き」


ってお手紙をたくさんくれた子…



高校生になって…


ちょっぴり恥ずかしいのか…


お手紙ではなく…


LINEで…


「ありがとう」


を伝えてくる…



平日に仕事をお休みして行事ごとを


観に行ってあげると…


「見に来てくれてありがとう」


ってLINEをくれる子…



私はその時も泣いたな…



幼い頃からママ、ママ…


言って


ママが大好きな女の子…



いつの間にか…


愛らしい少女になって…


私の身長もちょっぴり抜かした…



すっかり…


ママは必要なくなったかな…


なんて思って寂しく感じることもあるけれど…


やっぱり…


いつまでもかわいい我が娘…



しばらく会えないから…


余計に泣いちゃったかも…


優しく育った娘は…


遠く離れたおばあちゃんに顔を見せに行く…



「待ってるからね」


娘にそうLINEした…



守りたいもの…


守り続けていきたい笑顔がある…



何があっても一生…


血が繋がった大切な我が娘であることは変わらない…


いつまでもあなたの母…


ずっとずっとその笑顔を見続けていきたい…




今日もブログ訪問ありがとうございます♪