好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

邪魔させないっ

この間から続く職場の飲み会の後の


ある日のお昼休み…



剛田さんが椎名さんに…


椎名さんのお誕生日の話をしているのが


聞こえてきた…



やっぱり…



待て待て…



さらに人が追加されている…



ある女性…



なぬなぬ…



一緒に?



………!



その女性は…



あろうことか…



私の初めての婚外恋愛の相手の奥さん…(TT)



や・め・て~_| ̄|○・゚・ゥワァァァン



部署が違うのだけど…


最近ちょこっと剛田さんが


仕事で関わったからか…


その人の名前を出している…



L(゚□゚)」オーマイガ!



勘弁してぇ…💦



もうっ、本当に剛田さんって…💢




もうっ…



椎名さんはどうするんだろう…?



もちろん椎名さんは…


その女性が私から見るとそういう人だなんて


知らない…



椎名さんは大人だから…


剛田さんの話を聞いてあげている…



もう…


無視してほしいくらい…( >_< )




この日は、この出来事より前に…


剛田さんがまたまた


あるイベントのスケジュールを


私が椎名さんと一緒にいられないような


進行にしていることを知った…



もうっ、それもあって…


剛田さんへの怒りが💢


フツフツとこみ上げてくる…




あ~っ…


イライラするなぁ…剛田さん💢




それからの私は…


椎名さんがその誕生会を受けるのかどうか気になって…



椎名さんにメールで…


「行かないで!」


ってお願いしようか…



いやいや…


職場のお付き合いに口出しはNGでしょ…


って…



自分の中で…


二人の自分が居て…


葛藤してた…




結局…


椎名さん自身のことは椎名さんが決めなきゃ…



そう思ったから…


椎名さんに断ってほしいというメールは


すぐにはしないことにした…



椎名さんからの夜のメールを待とう…


それからでも遅くはない…



その時に…


一応、私の気持ちを伝えておこう…



なぜなら…


椎名さんがもしそのお誕生会に行ったなら…


多分、私はずっと気になってしまう…



椎名さんのその時間を私に使って…


って思ってしまうから…




・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



夜になり…


椎名さんからメールが届いた…


でも、例のお誕生日会のことは何も書いていない…



え~!?


どうなったの~?




椎名さんに返信を書く…



椎名さんがどう思うか…


そこまでもう考える余裕は私にはなかった…



椎名さんが私の気持ちを汲めるかどうか…



私にとって…


元凶の剛田さんの椎名さんへの馴れ馴れしさ…



それをストップできるのは椎名さんだけ…



椎名さんがそれができないなら…


私は無理かもしれない…



それくらい職場で剛田さんの言動に堪えてきた…



椎名さんとの仲を


剛田さんのせいでダメにされるのは


嫌だから…


悔やんでも悔やみ切れないから…


ずっと目をつぶってきた…



椎名さんにそれとなく伝えてきてはいた…


それでも変わらない剛田さんの態度…



私は椎名さんに言わずにいられなかった…



これでダメなら…


椎名さんと私はそれだけの仲だったってこと…



かなり切迫した返信を椎名さんに送った…



「今日、椎名さんの誕生日がどうとか聞こえてきたけど…


剛田さん何考えてるの?


剛田さんからの誕生日祝いやプレゼント


ちゃんとハッキリ断ってね!


許さん💢


調子乗りすぎだよ。


椎名さんもちゃんとハッキリ態度に出してほしい。


見てられないよ…。


すんごく嫌な思いしながら堪えてるんだから。


仲良しだと思われてるよ、きっと。」




剛田さんのせいで…


大好きな♡椎名さんに…


こ~んなメールをしなきゃならないとは…(TT)




椎名さんからその夜の返信はなかった…



そこまで切迫したようにきっと思ってないのだろう…



それとも…


もう約束しちゃった?



考えてもしょうがない…


寝るしかない…



椎名さんが決めること…


もう、寝よう…



椎名さんがもし怒ってたら朝のメールもないかもしれない…


そうなったら…


そうなった時のこと…



そう思いながら…


私は眠りについた…



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



そして、いつも通りの朝がやってきた…


寝起きの私がメール着信の確認をする…



朝の椎名さんからのメール…


が来てた…



いろいろ他のことが書いてあった…


剛田さんが決めたイベントのスケジュールの話が…



そして、最後に…



「 剛田さんは、ほっとこ。


誕生日会は断ったよ


祝ってもらっても困るしさ(^O^)ははは」




椎名さ~んLOVE❤️ (≧◡≦)



ヤッホーー\(*ˊᗜˋ*)/♡ヤホーー




「ありがとう❤️


やっぱりさっすが椎名さんだな~♪



やっぱり椎名さんは私の王子様❤️だな~



私がい~っぱい愛情込めて


お誕生日のお祝い❤️するからね~♪


剛田さんに


邪魔させないっ



(注:本当はもっとラブ♡ラブなメールですが…
恥ずかし過ぎるので…
これでも自主規制しました(笑))



私が言うまでもなく…


ちゃんと断っていてくれた椎名さん…



そして…


仕事で厳しいかもと言っていた…


椎名さんのお誕生日の近くで


二人きりの椎名さんのお誕生日🎂祝い♡


をする約束ができましたっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!



ヤッターー\(*ˊᗜˋ*)/♡ヤッターー



💕(*´︶`*)┌iiii┐(*´︶`*) 💕




今日もブログ訪問ありがとうございます♪