好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

会いたい

今回も前記事の職場の飲み会の話です…


その飲み会は急に決まった飲み会。


私は急な飲み会は夫が勘ぐるから基本NG。


トラブルメーカーの剛田さんに困っている人からの急を要する私も関わる仕事の相談。


この人もこれから登場回数が多くなると思われるので、名前を付けます。


この人は細井さんという既婚男性。


私も椎名さんも仕事でかなり関わる。


とてもいい人。


行くことにした。



椎名さんも誘うからって聞いていたのに…


行くと…


なぜか…


あの、おじちゃまストーカーがいた…( ؕؔʘ̥̥̥̥ ه ؔؕʘ̥̥̥̥ )



おじちゃまからの、飲みのお誘いを断り続けているのに…


おじちゃまのストーカー行為に嫌気がさしていて…


私はすでに生理的に受け付けなくなっている…


(このストーカーぶりはこの後、記事にする予定)



…がっ、このおじちゃまの困ったところは…


職場ではかなりのカリスマおじちゃま…


だから、みんなの相談にアドバイスするような立ち位置…



私の表情に…


気付いたのだろう…💦


細井さんにも、おじちゃまにも謝られた…



今さら帰るわけにもいかず、仕方なく一緒に参加。



椎名さんはといえば…


「どうやら今日は予定があったみたいで来れないって。

〇〇に行かないと行けないと言って、今日も、もう職場を出たんだ。

たまに、〇〇に行くって言うことがあるんだけど、前の職場の人との飲み会かな」


と細井さんが言った。



私は、椎名さんからそんなこと聞いてない…


急に不安になった…



〇〇は椎名さんがよく休日に行く場所。


何でそこにたまに行くの?


……。


まさか…


椎名さん…


私の他にも女性がいる?



椎名さんなら、居てもおかしくない…。


絶対にモテるはずだから…。



ストーカーおじちゃまが横に座り…


半分帰りたい気持ちで始まった飲み会…



剛田さんの話をした。


対策を考える会。


そんな感じ。



椎名さんには…



「飲み会始まったけど、


後で二人きりで会える?」



とメールしていた私…



少しして、椎名さんからメール着信…



椎名さんから…



「仕事で〇〇に行くから


飲み会に行けない…


もし、早く終わったら連絡するから会おう…」



と返信があった…



他に女性がいるのかな…?


なんて想像した自分が恥ずかしくなった…

(/-\*)



椎名さんは…


極秘の特命の仕事をしている…



極秘なので、家族にも言ってはならない…


それを私には教えてくれている…



その仕事で〇〇に行っていた…



みんなが知らないのは当たり前…


そして…


極秘だから…


他の人には本当に話していないことが分かった…



椎名さんが私を信用してくれている…


それをまたまた知った…



椎名さんに返信メールした…


「私の他に女性がいるのかと不安になっちゃったよ…」




そして席に戻ると…


細井さんから



「剛田さんは椎名さんにだけ対応が違う…


崇拝しているから…」



と聞いた…



それは、私も前々から気付いていたこと…


携帯電話までお揃いにするくらいのファンぶり…



逆を返せば、まだ剛田さんは


私と椎名さんの関係に気付いていない…


そういうことだろう…


カモフラージュできる…


そう思えばいいかな…


今はそう思うようにしている…



そして…


剛田さんがまたまた…


私の仕事の邪魔をしようと


企んでいたことが分かった…



その話を聞いたときに…


私の評価を下げたい…


剛田さんのそんな気持ちを感じた…


完全なる妬み…


いいがかり…



私はとても悲しくなった…


自分の立場を使う剛田さん…


立場の弱い私…


剛田さんのこういうところが嫌い…



その話を聞いていた椎名さんが…


剛田さんをたしなめてくれた…


そんなことはやめるようにと言ってくれていた…


そう細井さんから聞いた…



椎名さんから言われたら従う剛田さん…


だから、その話は立ち消えになった…



私は椎名さんからその話を聞いていなかった…


私の知らないところで剛田さんから守ってくれていた…


その話を聞いて…


私は椎名さんに会いたくてたまらなくなった…



私がその場に居なくても…


椎名さんが守ってくれる…


椎名さんにありがとう…


っていいたくてたまらなくなった…




その後続けて、聞きづてならない話を聞いた…



剛田さんが…



椎名さんのお誕生会をしようと


言っているらしい…



と…



何で剛田さんが?


彼女ですかっ?


もうっ💢


頭に来て仕方なかった…



そもそも、職場でお誕生会なんて…


聞いたことがないよ…



しかも、他の人のはやってないのに…


何で椎名さんだけするの?



剛田さんの馴れ馴れしさに私がもう限界だった…



もし、剛田さんが開催する


椎名さんのお誕生会を


椎名さんが受け入れたなら…



私は…


椎名さんを…


ちょっぴり嫌いになる…


不信感…を覚える…



剛田さんに気に入られたいの?


って…思っちゃう…



もし、椎名さんが受け入れたなら…


私はもう限界…



私がどれだけ嫌な思いをしているか…


そのほとんどが剛田さん発信の言動…


私にとって…


剛田さんは癌なのだ…



そして飲み会終了…


椎名さんはまだ仕事だった…


椎名さんとは結局会えなかった…



「剛田さんが椎名さんのお誕生会を企ててるみたいだよ…」


って椎名さんにメールした…



椎名さんはもちろん


「困る」


と言っていた…



どうなるのかな…?


そんなザワザワする思いでいた…



椎名さんが剛田さんから私を守ってくれたこと…



「細井さんから聞いたよ。


知らなかったよ…。ありがとう。」



と、椎名さんにメールでお礼を言った…


椎名さんに会いたくてたまらない…


そんな気持ちに包まれて帰宅した…



椎名さんがいない職場の飲み会…


ここでも…


改めて椎名さんの偉大さを知る…



椎名さんは、私だけではなく…


細井さんも守っていた…


細井さんが、いつも椎名さんが盾になってくれている…


そう言っていた…




椎名さんが私を守ってくれたこと…


椎名さんの優しさを知る…



椎名さんに会いたい…


たまらくなった…


会いたい気持ちが溢れて止まらない…




今日もブログ訪問ありがとうございます♪