好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。40代後半になって出会った彼は、人生で初めて甘えられる人。人に甘えるってこんなに安らぐんだ…。そして、心から尊敬できる人。知れば知るほど、カッコよくて何から何まで合う彼の存在は私の人生でかけがえのない存在になりそうで…

椎名VS咲 初Fight!

今日は、ちょっぴり面白かった私達の


最近のエピソード…



椎名VS咲


初Fight!(ง`0´)ง



といっても…


職場で仕事のことでです…



椎名さんと押し問答(笑)


しました…(^-^;



椎名さんと押し問答とか…


100万年早いんだけど…💦



ちょっぴり面白くて…


記事にしたくて仕方なかった私…




そのシーンを思い出すといつも私の頭の中で


あるBGMがかかる…♪



それは…


アントニオ猪木のテーマ曲



猪木!頑張れっ⚐゙


猪木!頑張れっ⚐゙



この曲をBGMにしながら読んでみてください(笑)



さて…


どちらが勝ったのでしょうか…?



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



その日、私は至急で指示を仰いで他部署に


連絡しないといけない仕事が発生した。


この仕事は以前は椎名さんに指示を仰いでいた。


けれど、最近はお邪魔虫2が


私が椎名さんと話をしようとすると遮ってくる…。



お邪魔虫2の真意はわからない…。


椎名さんが忙し過ぎるから…?


それとも、私と椎名さんを話させたくない?



仕方なく私は、お邪魔虫2に要件を伝えて


期限も伝えておいた。


猶予は1ヶ月。



だから、絶対に椎名さんへは伝わっていると


もちろん思って疑わなかった…。



そして、期限当日…


お邪魔虫2がいない…( ̄▽ ̄;)



何で~?



私は椎名さんが忙し過ぎることは


ここ最近のメールで理由を聞いていたから


わかっていた。



椎名さんは職場での激務に加えて


仕事を持ち帰ってお家でも仕事をしている…



前日の休日のメールで朝から晩まで


持ち帰りの仕事をやっていると


何度かメールが来てたくらい


本当に365日頑張る人…



その日の朝のメールで早朝出勤してることも


知っていた…


椎名さんが疲れ切っている…


それはわかっていた…



けれど、私も至急指示を仰いで他部署に連絡をしないといけない…



これを最終的に取り仕切っているのは椎名さん



仕方なく…


朝からバタバタしていて究極に忙しい椎名さん


に話しかけ、事情を説明する…


椎名さんが答える…


「それはかくかくしかじかだから…。」


さらに、私は続けて説明する…


椎名さんの表情がいつもと違う…



私は飲み込めていない様子の椎名さんにさらに説明した…


椎名さんが…


「〇〇さんが返ってきたら〇〇さんに聞いておくからっ。」


とイライラしたような表情と言葉で話を終わらせようとした…


「これは、至急で他部署に連絡しないといけないんです!〇〇さんにはもう1ヶ月前に伝えていました…」


私は引き下がらなかった…



この関係で外部とのやり取りで


外部の連絡が遅くなっているのは聞こえてきていた…


だから、あえて催促してなかった…


椎名さんであろうとも仕事は仕事…


上の人に判断仰がなければ回答できない立場…


引き下がれなかった私…



私の様子がいつもと違う…


椎名さんは気付いただろう…


椎名さんが私の説明を聞いて驚いて…



「聞いてないよ…」



と言う…



事の成り行きがわかった私…


結局、お邪魔虫2のせいだった…


お邪魔虫2が椎名さんに伝えていなかったことが判明した…



私はもう一度椎名さんに説明する…


椎名さんが


「そういうことか…」



と言って、最終判断してくれた…



私は椎名さんとの話を終えて至急他部署に連絡した…



椎名さんがいたからなんとかなった…



だけど、いつも紳士な椎名さんはあんな対応普通はしない…


初めて見たイライラした椎名さん…


ちょっぴり恐かった…


仕事だから仕方ないけど…


良くも悪くも…


私だからあんな対応した?


もしかしたら、逆に怪しまれる可能性も無きにしもあらず…


仲が良くなければまずないだろう…




椎名さんの本意はわからないけど…


私は椎名さんと仕事で対等な立場ではない…



私は椎名さんと一緒に仕事をすることがあっても、
椎名さんの直属の部下ではない…



椎名さんは専門職…


私は違う…



椎名さんは、あんな対応を自分の部下にしない…


感情的なものの言い方なんて絶対にしない…


部下を大事にする人…



何だか、仕事ではやっぱり椎名さんは遠い人…


そう感じた…


本当に優秀な人だから…



何で付き合えてるのかたまに不思議に思う…


私なんていくらでも変わりのいる立場…


椎名さんは椎名さんでなければできない仕事…



その差を感じた…



やっぱり…


椎名さんとは世界が違うのかな…?



なんか今の椎名さんちょっぴりイヤだ…


嫌い…


って心の中でつぶやいた…



椎名さんが超忙しいことはわかってるけど


私も至急の用で仕方なかったんだから…



そもそも、お邪魔虫2が悪いのに…


何で私がこんな嫌な思いしなきゃいけないの?



その日は、椎名さんが直属の部下には


あんな対応しないのに…


その思いでちょっぴりだけ凹んだ…



私の扱いぞんざいじゃない…?



ちょっぴり落ち込んだけど…


仕方ないことなのかな…


そう思ってた…




そして、その日の椎名さんからの夜のメールは…



「そっけない対応でごめんね。


かくかくしかじか…」



と事情を説明してくれる椎名さん…


なんだぁ…


椎名さんも気にしてたんだ…


ちょっぴりホッとした私…


椎名さんに返信する…



「お疲れさま(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ


気にしてくれてたの?


確かに恐かったよ😱


イライラしてるのわかった。


忙しい時に私が聞いたからかな~って思って…



でも、〇〇さんのせいで、私達が嫌な思いをするのはイヤだから、椎名さんのせいじゃないなと思って、気にしないようにしようと思ったよ。


ただ、直属の部下にはあんな態度絶対に取らないもん。
だから、ちょっぴりいじけた~
私がこの職だからか~って…


それとも、私だからかな~って



私もいくら椎名さんでも、〇〇さんは不在だし、至急だったし、


やっぱり仕事は仕事


だから、


聞かないといけないことは聞かないと動けないから、ゆずれなかったから、


食い下がれなかった(笑)



「はっは


失礼


目先の締め切りに追われて…


ごめんね。


イライラして悪かったよ反省m(_ _)m」



深夜に椎名さんから謝りのメールが来てた…


もう寝ちゃってた私…(*´Q`*)o○



続けて翌朝、椎名さんからのメールが来てた…



「前の同僚が徹夜だとさ。


若くないのによくやるよ。


自分は頑張りが足りないね。


キャパ低すぎ…


愚痴った自分が恥ずかしい。


今日も頑張ってくるよ。


多少イライラしても目をつぶって。


因みに自分は、親しい人にしかイライラしないから。(^○^)」



椎名さんからのメールに返信する…



「おはよう(^-^;


許す(笑)


因みに自分は、親しい人にしかイライラしないから。(^○^)



これ、いかがか?
多分そうだと思った(笑)


仕方ないな~っ
目をつぶってあげる(*˘︶˘*)
いつも優し過ぎるもんね~♡


次回、この埋め合わせしてもらうからね~」



椎名さんから…



「またね〜


今度埋め合わせするね〜」



こんなやり取りをして…



椎名VS咲


初Fight!(ง`0´)ง


めでたく終了(๑´∀`๑)_尸゛



今回は…


咲の勝利✌(^▽^・✌)




今日もブログ訪問ありがとうございます♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。