好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。40代後半になって出会った彼は、人生で初めて甘えられる人。人に甘えるってこんなに安らぐんだ…。そして、心から尊敬できる人。知れば知るほど、カッコよくて何から何まで合う彼の存在は私の人生でかけがえのない存在になりそうで…

生き甲斐

昨日、今日と職場で…


椎名さんと近くで目が合った…♡



昨日は…


お互いお手洗いから出たタイミングが一緒
(笑)


出た所で目が合って…


私が椎名さんに微笑みかけた(♡˙︶˙♡)



椎名さんの後ろにいた私に…


椎名さんが振り返る形でしばらく私を


見ていた椎名さん…


でも、すぐそこはたくさんの人が通る廊下…


椎名さんは職場の人に話しかけられたので…


そのまま二人の世界は終了…



今日は、椎名さんのデスク近くの人に


仕事の話をしに行った私…


椎名さんがこっちを見ていた…


前だったら二人のアイコンタクトを


周囲に気付かれるかと思うのと…


椎名さんと職場で目を合わせるのが


恥ずかしくてなかなか見れなかったけれど…


最近は周囲に悟られないように


アイコンタクトができるようになった私…


椎名さんを見たら…


椎名さんも私を見ていた…


目が合った…♡


自然なアイコンタクト♡ができた♪


こんなに上手に職場でアイコンタクト


できるまで成長した私達…


恥ずかしくてずっと…


チラ見しかできなかったのに…(笑)



ここまで辿りつくのに私達は


一年以上かかった…



そんな私達の歩いてきた道を


再び振り返る回想記事に…


今日から戻ります…



回想記事では私達は今ここまで


辿りつきました…♡


私達が…


恋人になった日(結ばれた編)



恋をするときめきと


幸せでいっぱいの私達は…


見えなくなるまでお互いに笑顔で手を振り続けた…



これから恋人として


椎名さんと新たなラブ♡ストーリーが始まる…



これからの二人の日々は…


離れていても…


二人は恋人♡



お互いの想いが実って…


ようやく結ばれた私達…


やっと新たなる恋愛のステージに進めた



ここからは…


私達が恋人になってからのお話の…


始まり…始まり…♡



♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*



椎名さんと恋人になれて幸せいっぱいな私…


夢うつつで帰宅する…



椎名さんに触れられた自分の身体が


とても大切なものに感じて…


もう誰にも触れられたくない私…



深夜、誰もいない部屋のソファーに横たわると


自分の身体に刻まれた椎名さんの温もりを


感じる…



椎名さんに抱きしめられた腕…


椎名さんに抱きしめられたように…


うずくまるようにして


自分を抱きしめる…



椎名さんに私の全てを見せた…


椎名さんの全てを知った私…



結ばれて一つになった感覚は…


なかなか消えない…



身体のあちこちが熱くて熱くて…


身体が火照っている感覚に包まれる…



何かのベールに包まれているような…


椎名さんにまだ抱きしめられているような


そんな錯覚を起こす…



身体のあちこちに刻まれた


椎名さんの温もり…


このまま冷めないでほしい…



椎名さんに触れられた私の身体の余韻を


汚されたくなくて…


ベッドには行かず…


寝落ちした振りをして…


ソファーで朝まで眠りについた…



椎名さんとの熱い時間の余韻が…


なかなか覚めない…


幸せでいっぱいだった…♡



大好きな人と結ばれるなんて…


結婚している私達には許されない…



超えてはいけない一線を超えてしまった…


そして私達は恋人同士になった…



これがどういうことか…


お互い言葉にはしなかったけれど…


椎名さんと私は同じ罪を背負う道を選んだ…



だけど、罪悪感よりも…


幸せな気持ちのほうが強かった…



うしろゆびさされても…


全てをほしい人…


全てをくれた人…


これからの人生を一緒に歩いていきたい人…


これからは椎名さんがずっとそばにいてくれる…


何が起きても後悔しない…



その夜は当然興奮冷めやらぬ私達…


今日のお礼メールの後も…


深夜までラリーした…



今後の会話は…


♡=咲
★=椎名さん



♡「あ、イイコイイコしてもらってない~っ
( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )」



★「あ、忘れてた。今度ね」



♡「は~いっ♡(´˘`๑)


ぐっない(*˘︶˘*)💤


いい夢見れそう。」



そう、この前日に私は他の人の仕事のミスの


フォローで大変だった…(TT)



そんな私に椎名さんが…


イイコイイコしてあげる…


って言ってくれていた…



のに忘れてた私達…(^-^;


帰宅してから思い出した私だった…



こんな会話をして…


私はぐっすり眠った…



椎名さんに抱きしめられた感覚に


包まれながら…



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



翌日は休日…


椎名さんからメールが届く…



★「おはよう


昨日はなんか目が冴えて寝れなかった



昨日は充電できたけどこの充電はいつまでもつか…」



椎名さんが…


なかなか眠れなかったと知った…



越えてはいけない一線を超えてしまった私達…


当然といえば当然だろう…



私は椎名さんへ返信する…



♡「私は椎名さんのおかげで、


嫌なことも忘れることができて、


ぐっすり眠ることができたよ。


ありがとう。


本当は昨日、


椎名さんに会ったら泣いちゃうかも( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )


っていう状態だった。


自分にはどうしようもできない大きなことが


起こっていて、翻弄されて、


どうしたらいいのか自分でもわからなくて…。


でもね、椎名さんといると、


全部嫌なこと忘れられた。


すごい力~(୨୧•͈ᴗ•͈)◞ᵗʱᵃᵑᵏઽ❤⃛


本当にありがとう( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤


私もこの充電いつまでもつかわからない。


切れたらまた充電してねっ♡(´˘`๑)


いつでも充電できるようにスタンバイしておくから。」



私は…


職場で大きな出来事に巻き込まれていた…



尋常じゃない仕事量の私を心配した人が


私のために起こした出来事だった…


自分のことなのに…


私の意志とは関係なく大きな問題へと発展していった…


私は事を大きくしたくなくて…


私は大丈夫ですと…


何度もお願いしたのに…


抑えきれなかった…


無力感に苛まれた私…



椎名さんも若干巻き込まれていた…


だから、余計に心配だった…


椎名さんも責任を問われやしないかと…



そんな出来事でいっぱいいっぱいだった私は…


椎名さんと恋人になり結ばれて…


幸せでいっぱいな気持ちに包まれて…


嫌なことを全て忘れられた…



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



そして翌日も休日…


椎名さんからのメールが届く…



★「おはよう


もうすでに充電切れ


明日からの仕事気が乗らないけど


2人でこそっとチラ見しながら頑張ろう


仕事気乗りしないけどチラ見できるから


生き甲斐


イヤイヤ、行きがいができた♪(v^_^)v」




♡「すでに充電切れ…


かわいいっ♡(´˘`๑)


でも、私もそうだよ~


椎名さんのお仕事が片付けば、


なるはやでまた会いたいっ。(*๓´˘`๓).*♡


それまでは、お互いチラ見で頑張るのねっ✧୧( "̮ )୨✧


了~解。



なんとか頑張るよっ。(๑•̀ •́)و✧


私も今日は用もないんだけど、


なんか早くから目が覚めちゃって、


ボーッとしてる。」



翌日私は…


まだまだ続く余韻で早くから目が覚めて


ボーッとしていた…


抜け殻のように…




そんな私に椎名さんから…



生き甲斐


ができた…いや、行き甲斐…」



ってうれしいメールが届いた…♡



行き甲斐って椎名さんは言い直してたけど…


生き甲斐


ができた私達…




本当にそう…


この時の私達にとっては…


お互いが…


生き甲斐♡


だった…



一年以上経った今でもそれは変わらない…♡



椎名さんは私の…


生き甲斐♡


これからもずっとずっと…♡



それから…


私も椎名さんの


生き甲斐♡


であり続けられますように…♡




今日もブログ訪問ありがとうございます♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。