好きにならずにいられない…

人生で初めて甘えられる心から尊敬できる人に出会えました。素敵な彼にエスコートされ二人だけの秘密の世界が始まりました。かけがえのない彼の手を離さず人生を共有していきたい。

ただいま♡

私の夏休みが終わった…


ふるさとで過ごした夏休み


一人旅の予定が…
結局一人旅にはならなかった
いたって普通の
いつもの夏休みに終わる


&椎名さんにも叱られるという
オマケ💦付の夏休み


あ、でもいつもと違ったのは
のんびりできたこと…


リフレッシュできた


私の日常がまた始まるけれど
頑張ろうと思えた…✨



そんな中…
職場では私が不在にしている間に…


椎名さんにとって大きな決定が
くだされていた…


椎名さんの不在中に
トップに呼ばれた毒島さん…


椎名さんの意思を聞かれた毒島さんは
都合良く勝手なことを言っていた…
来年の人事のこと…


椎名さんからの報告を受けた私…


すぐに返事を返せないくらい
私にとっては寂しい決定だった…


胸がざわつき始めた…
このざわつきの正体は…


恐らく毎日会えなくなる不安…


二人の未知の世界への不安…


だと思う…



でももしかしたら…
毒島さんと離れられて椎名さんには
いいのかもしれない…


そんな風にも思ったりもする…


どれも私の本当の気持ち…



でも、椎名さんのためを思う方が
本当は正しいのだろう…


そう思って過去に私は
椎名さんに伝えたことがある…



私の本音を隠して…


♡「おめでとう🎊」


とその日の私は伝えた…



本当は寂しくて泣きじゃくっていたのに…


椎名さんの昇進を喜ばなきゃ…
椎名さんが私を気にかけることなく
心置きなく卒業できるように…


その時の私はそんな思いで精一杯
椎名さんに気丈に振る舞った…



すると椎名さんは…



★「寂しいと言ってほしかった。
    


そう言った…



椎名さんが欲しいと思った言葉を言った
つもりの私は…


椎名さんが欲しい言葉じゃなかったことに
驚いた…


その言葉が今も忘れられない…



長くなるからまた回想記事で書こうかな…



それ以来…
椎名さんには私は本音を言うようにしている…


椎名さんはそういう人だから…



そして今回…



♡「悲しくなってきた…」


そういう私に椎名さんが残業の合間を縫って
メールをくれた…


普段は残業中にメールはないけれど…


こういう緊急事態の時には
私をなだめるように
メールをくれる椎名さん…


そんな気持ちがうれしいから
困らせるようなことは言いたくない



今までも数回こんなやり取りがあった
その度にクリアしてきたのは奇跡


今回ばかりは免れないだろう…



でも、どうなったとしても…


二人の気持ちがあれば大丈夫…



紆余曲折を経て…
今はそう思えるようになってきたかな…



だめになるならそれまでの仲…


酸いも甘いも共有しながら…


乗り越えていく…



特に私達みたいな関係は


酸いも甘いもの…


酸いだらけ💦



それでも一緒にいるのは…


貴重な甘い


があるから…




一緒にいたいなら…


一緒にいたいと思える



貴重な甘い


そんな時間を作っていくしかない…



それは私次第なんだと…


思えるようになってきたから



椎名さんと一緒にいたいなら…


私にできることをするしかない



お互いの気持ちを大切にしていくこと



シンプルだけど…


本当にただそれだけ…



なんだと思えるようになってきた




私の夏休みは終わったけれど…


私には隠されたもう一つの夏休みがある…



秘密の夏休み♥️


椎名さんと一緒に過ごす夏休みがある✨



それが楽しみで
椎名さんとそんなお話をしてる♥️



♡「たくさん、くっつくからね♥️」




ふるさとから戻る日に…



★「気をつけて帰ってきてね。」



椎名さんがそう言って待っててくれた…


待っててくれる人がいるってとっても幸せ💕



そんな椎名さんに私は…



♡「ただいま♡」



を言った…


そしてまた、私の日常が始まる…





今日もブログ訪問ありがとうございます♪

ふるさと

先週、私はこの地に降り立った…


時速300kmの一人旅


周りにはサラリーマンらしき人達
それは、夜遅くまで
家族のために頑張っている姿に見えた…


心をリセットしにきた私…


この人達にはそんな自由もないのかもしれない
社会で戦う戦士を見て…
そんな思いがうっすらと過ぎった…


椎名さんや夫の姿が重なった…


道中、椎名さんにメールした…
帰ってくるねと…


あの日の私は…
人生最大に自己肯定感が持てなかった…


椎名さんのいる街からどんどん遠ざかって…
私はふるさとに降り立った…


ホームで扉が開くと…
中に空気が入り込んできた…


懐かしい光景が見えた


私は大きく息を吸った…


ふと肩の力が抜けていく感覚を覚えた…


私が育った町は温かい…
慣れ親しんだ町への安堵感を覚えた…


私が暮らす街にいるとたまにわからなくなる
私のidentityがここにはある



それからの私は…
自由な時間を過ごした…


私が暮らす街とは違う文化がある…


同じ日本とは思えないほど
感覚が違う町…


肩肘張らずにいていいよ…


どこからかそんな声が聞こえた気がした…


幼い頃の私は…


今、私が暮らす街を
どこか遠くの…
テレビの中の街だと思っていた…


妻となり母となった私は
そのテレビの中の街にいた…
夫の仕事の都合だった…


情報発信のその街は
時間の流れが速くて…
眠ることを知らない…


好奇心を満たしてくれる街でもあり
夢に溢れた街でもあった…


文化の違いに戸惑いながらも
ただひたすらに駆け抜けた日々は
大変だけど楽しかった…


既に子育て終盤に差し掛かった私…


ふるさとにたくさんの友達を残してきた私は
その街でも社会に出てたくさんの仲間を作った


その街にも私のidentityができて…
楽しくなってきたところだった…


これから私の夢に向けて
少しづつ準備していくために始めたあること…


それさえも夫に否定されてしまう


私を籠の中の鳥のようにしまっておきたい夫と


飛び立ちたい私…


これが私達夫婦の最大の価値観のズレ



穏やかな町で育った夫には
私とは違う地にふるさとがある…


古き良き日本を思い出させる町だと思った…


そんな穏やかな町で育った夫はやはり素朴で…
そんなところが私は好きだった…


夢を実現して変わってしまった夫
夢を追って彼なりに一生懸命生きてきた結果だった…


その街に暮らしているのに


夫のふるさとを基準にして
私を縛りつけようとする…


穏やかな町と眠らない街は一緒じゃないのに…
都合のいい話が毎回繰り返される…


私には私の基準がある


価値観の溝はなかなか埋まらない…
話し合っても絶対に折れない夫…


あの素朴さはどこに行ったのか…
私が好きだった夫はもういない…



でも、ふるさとで過ごしてみて
少しだけ私の考えも変わった…


恵まれた生活をさせてもらえていることに
気付けた…


そして、椎名さんからのアドバイスで…


私の一番の悩みどころの家計の知恵を
教えてもらえて本当に助かった…


そして、このブログのコメントにも助けられた…



予告通りに既に非公開にした
家庭の問題の記事も…
椎名さんに叱られた件の記事も…


無事に一件落着した✨



無事に解決して
私の心が澄み渡ったら…


ふるさとでは…


「着いた時には死んでた顔が明るくなった❗️
   良かった❗️」


そんなやり取りが
私の知らないところであるらしい<(_ _٥)>


そう子どもから聞きました…💧


ふるさとっていいな…♪
私の味方だらけ(笑)


やっぱりこの地で
人に囲まれて暮らしたかった…


私のふるさとのこの町を嫌う夫
夫といる限りは叶わないけど…

だから、私の意志に関係なく
私達家族は今もあの街で暮らしている



この地をまもなく去るけれど…
たくさんたくさん無償の愛を
充電してもらえたから…


私はまたあの街で頑張れそうᕙ( ˙-˙ )ᕗ


また、リセットしたくなったら
ここへ来よう…



私のふるさとへ…




今日もブログ訪問ありがとうございます♪

本日は快晴なり☀️

椎名さんとの件は…


一件落着しました♥️



前記事への読者の方からのコメントで
いただいたアドバイスのおかげです♪


お陰様でバッチリ✌️でした✨


Cさんありがとうございましたっ♪
感謝いたします(*_ _)ペコリ



私が親族に
私達がお付き合いしている事実を言ったことを
彼から叱られてお別れした…
そう親族に話す…


とても的確なアドバイスだと思い
即椎名さんに提案した私…✨


♡「だから、安心してね。」


昨夜、椎名さんにそうメールしました…



すると、椎名さんからは…


★「了解👌
      ただ、かくかくしかじか…だよ。
      出張疲れた。
      おやすみ。」


というメールが来ました✨


かくかくしかじか…
とちょっぴりご注意もありましたが
椎名さんもそれで良しとしてくれました…
(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!


私はすぐに…


とびきりのありがとう❗️と
♥️マークだらけのお礼のメールを送りました…



これが…
私が前々記事に書いた


本音と建前を使い分ける


嘘も時には必要


ということですね…
まさに、これを実践する形になりました…


事実とは違うから…
実際、私は親族に嘘をつくことになります


でもそれは、私達の関係を守るために必要なこと
だということ…


それを…


嘘つきは泥棒の始まり


と否定的に捕らえるか…



時には…


嘘も方便


と肯定的に捕らえるか…



なんだと思いました…



今までは…


嘘つきは泥棒の始まり…
嘘はいけないことだと…


否定的に捕らえていた私ですが…


それで守れることがあるなら
嘘を肯定的に使う場面もあっていい…


これが今まで私が
意識できていなかったことでした…


そう、今までの私は…
馬鹿正直だったのです😓



これが私に足りなかったところ
なんだと自分を反省しました…



嘘は否定的にも肯定的にもなる


その使い分けを誤らないことなんだと思います…



嘘は必ずしも悪い訳ではないこと…


人を思いやる心から使うこともある…



真逆過ぎるけど…


否定的にしか捕らえられないよりも
肯定的に捕らえられるようになれば


人生も変わってくるような気がしています…



だから…
嘘は世の宝✨なんて言葉もありますものね…


それで世の中がうまくいくなら
嘘も必要という言葉…



これを忘れないようにしようと思いました…



本音と建前の使い分け…


うまくできるようになろうと思います



ことさら、椎名さんとの恋愛には必須なこと
だと今更ながらに学びました…😓
遅っ💦



椎名さんとの恋愛で…


日々研鑽を重ねている私です😅




・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚




一件落着したところで…
今朝、椎名さんからはいつも通りのメールが届いた…


いつも通りの椎名さんっ♥️✨


できたら写メ送るね…
と私が頼んだことの返事と
ちょっぴり心配な出張先の気候のことが
書かれてあった…


気候が心配だったけど大丈夫かな?


そう聞く私に…



合間を縫って…


★「奔走しているよ。」


と椎名さんがまたメールをくれた✨



私も今は離れた地にいる…


この地は今日も澄み切った空でした✨



♡「こちらは快晴なり☀️」



そう、椎名さんに返信した…


束の間の遠距離恋愛みたい…



スマホを置いて私はふと思った…



快晴☀️



この澄み切った空に…


私の心が重なった…✨


そして、すぐに椎名さんにメールした…



♡「私の心も快晴なり♥️


      (*¯︶¯♥)フフ♪」



椎名さんに私の今の気持ちを伝えたくて…


椎名さんにちゃんと伝わったかな❓



ということで…


今回の私の家庭の問題も…
椎名さんとの件も…


全て丸く収まりました✨



そして、今の私の心は…
快晴の空のように澄み渡っています…✨



ご心配いただいた皆さんありがとうございました
(*_ _)ペコリ



今日もブログ訪問ありがとうございます♪